Wilmar Myanmarが新製造工場のオープニングセレモニーを開催した

Wilmar Myanmarが食用油、米、小麦用製造工場のオープニングセレモニーを開催した。総額2憶ドルの出資となる。

これらの工場では、1日で食用油は460トン、小麦は530トン、米は1,200トンを製造することが出来る。工場は全てティラワ経済特区に建設された。

Wilmar MyanmarはWilmar International Limitedを中心としたシンガポールとミャンマー国内の企業、National Infrastructure Holdings、First Top Group、Riceland Internationalのジョイントベンチャー企業である。

製造工場に加えて、Wilmar International Limitedはティラワ経済特区に7000万ドルを出資してWilmar Jettyという桟橋を建設中である。2022年に建設予定だ。

【Myanmar Business Today 7.11.2019】