News

サガインで電力料金の支払いを強制

Democratic Voice of Burmaによると、サガイン管区モンユワ郡区電気事務所の職員は、6月6日から強制的に電気料金を徴収している。 居住者は、すべての兵士が民間人に扮したにもかかわらず、職員が請求書を収集している間、9人の兵士によって護衛されていたと語った。 彼らはまた、世帯が過去4か月間に使用された電気の請求書を支払うことを余儀なくされたと述べた。

アイヤワディでミニグリッド開会式開催

国営のMyanma Ahlinによると、6月14日、Talent and Technologyが開発した2つのソーラーミニグリッドプロジェクトの開会式が、アイヤワディ管区Dedaye郡区の Yae Twin KoneとThan Date村で開催された。 SACに任命されたAyeyarwady管区首相Tin Maung Winと他の地域の大臣がイベントに出席。 今回のミニグリッド開設の結果、合計310世帯、3つの修道院、4つの学校、1つの診療所、および村内の603の街灯が電気を供給される。

一部のドライバーは、欠点に目をつぶってCNGを動力源とする車両を検討

タクシーの運転手は、ガソリン価格が上昇する中、CNGを動力源とする車両の使用をますます検討していると、Global New Light of Myanmarが報道。 「92RONの価格は2,265MMK(1.21米ドル)。 10,000MMK相当のガソリンを購入しても1ガロンを得るのも難しい。 燃料価格が高いため、一部のタクシー運転手はCNGを動力源とする車を探している」とタクシー運転手Ko Htay LinはGNLMに語った。 しかし、他のドライバーは、CNGステーションが少ないため、CNGを動力源とする車を使用するのは面倒だと指摘している。

ヤンゴン-バゴーバスが再開

Global New Light of Myanmarによると、ヤンゴン-バゴーバス路線は6月11日に運行を再開した。 ミャンマー貿易センター(MTC)は、燃料価格の高騰により、6月10日までヤンゴン-バゴーバスの運行を停止していた。

4月から5月の海上貿易が昨対9億5,000万米ドル増加

商業省のデータによると、ミャンマーの海を介した外国との貿易は、今年4月1日から5月27日までの間に37億米ドルで、昨年の同時期と比較して9億5000万ドル増加した。 2021年の同時期に海上貿易は27.5億米ドル。内訳は海上輸出は15億米ドルで、輸入は22億米ドルだった。 輸出と輸入が共に昨年の同時期と比較して増加している。

Lwejel国境ゲートを通じて輸出が増加

Global New Light of Myanmarは、カチン高速道路貨物輸送協会からの情報として、Lwejel国境ポスト経由で中国に商品を輸出する貨物トラックの数が先月2倍以上になったことを報道した。 協会によると、5月の最終週の約150台のトラックと比較して、ミャンマーからの400台の貨物トラックが6月上旬にゲートを介して中国に商品を輸出した。 報道によると、この増加は、中国のトレーダーが6月に大量の米、豆、トウモロコシ、唐辛子、玉ねぎを購入するなど、強い外需によるものである。

カイン-チャウンアクセス道路改修

国家行政評議会(SAC)は、カイン-チャウン経済特区のアクセス道路のアップグレード作業を実施するために18億2,000万ウォンを割り当てたと、社名不明の建設会社がDemocratic Voice of Burmaに語った。 車両が四季を通じて道路を利用できるように、アップグレードが行われる。 関係者によると、砂利舗装工事の入札が行われ、建設会社3社が既に入札を行った。今月初め、雨期による大雨によりアクセス道路が泥だらけになり、水浸しになり、貨物トラックが遅れ、トレーダーに損失が発生したことが報告されている。

Ayeyarwady防災部がの避難所プロジェクト最新情報

現在Ayeyarwady地域で緊急避難所12箇所が建設中または計画されていると地域防災部のディレクターであるSwee FrankがDaily Elevenに述べた。プロジェクトが完了すると、同地域の避難所数は最大134箇所となる。現在のプロジェクトはHinthadaの避難所が含まれる一方、2022/23年度に建設予定のDedaye郡区にある2つの村の避難所プロジェクトのための入札が呼びかけられた。

データ分析:中国からの鉄鋼輸入4月に24%減

ミャンマー不動産・建設モニターによって分析された中国の公式税関データによると、ミャンマーの中国からの鉄鋼輸入額のは4月に24%減少し、3月の1億4300万ドルから1億860万ドルとなった。今年最初の4ヶ月間で輸入額は5億5960万ドル、昨年の同時期の4億4400万ドルから26%増。この数字の内訳は鉄鋼の2億8850万ドル及び鉄鋼製品の2億7100万ドルからなり、2021年の最初の4ヶ月と比較して、それぞれ5%、59%増。

MAPCOがインドのパートナーとヤンゴンに包装工場建設

Myanmar Agribusiness Public Company (MAPCO)の2021/22年度の年次報告書によると、MAPCOはインドのビジネスパートナーと合弁会社を立ち上げ、米と農産物の包装製造工場の建設と運営を計画。工場はヤンゴン地域Twante郡区にある同社所有地に建設される予定。

ShweProperty、建設会社Royal AMTがワンストップサービスを開始

オンライン不動産ウェブサイトShweProperty.comとRoyal AMT Constructionは住宅を建設しようとしている土地所有者に対するワンストップサービスを開始するために提携。ShwePropertyのFacebookページの更新によると、Royal AMTは過去2年で69の住宅プロジェクトを請負、そのうち24件が完了している地元の建設会社。Royal AMT Construction代表はMyanmar Real Estate & Construction Monitorに土地所有者と協力し、UAB、KBZもしくはAYA バンクからの融資を受けて、2階建てと3階建ての住居建設を行うと述べた。

監査局が第2回リアルタイム監査業務会議を開催

2022/23年度のリアルタイム監査に関する第2回作業調整会議が6月9日、10日にネピドーにある監査局の集会所にて開催。Global New Light of Myanmarは連邦監査総長のDr. Kan Zawが開会の辞を述べ、通常の監査活動に加えて、監査局が2022/23年度にリアルタイム監査システムを実施することを繰り返し述べた。式辞の後、地域や州監査局の理事たちによって話し合いが行われた。

Atomが5Gネットワークに3億3000万ドルの投資を約束

Telenor Myanmarの後任となる新たなテレコムブランドAtomのプレスリリースによると、同社は6月8日に正式に立ち上げられ、今後数年間でミャンマーで最初の5Gネットワークに乗り出すための3億3000万ドルの投資を約束。また、サービスの行き届いていないコミュニティに対するヘルスケア、教育、人道支援に焦点を当てた社会的影響のあるプログラムに2023年末までに30億MMKを割り当てる。

SSBは被保険者City Mart労働者に対して1億5000万MMKを支払い

6月14日のGNLMの記事によると、社会保障局(SSB)は1億5000万MMKを超える社会保障手当をCity Mart Holding Co. Ltd.の保険に加入している従業員に支払。151,693,281MMKの支払いには被保険者の従業員の病気と出産に関連する経済的手当および、SSB被保険者従業員の社会保障手当の40%が含まれる。SSBはCOVID-19の感染拡大中に一時閉鎖された工場や作業場の160万人の被保険者労働者に対してもまた、679億MMKを給付。

元国会議員が年金支払いにおける省庁の欠点を強調

計画・財務省 年金局は武力紛争に巻き込まれることを恐れてネピドーに転居した2名の引退した公務員に対して、10ヶ月以上年金を支払わなかったと元USDP上院議員のHla Sweが軍事政権の第15回記者会見で述べた。元国会議員はUSDPがネピドーの事務所で2名の年金受給を保護したと述べた。この出来事は公務員への州の援助欠如を強調するために使用されたが、Hla Sweは彼らの安全に対する懸念のために逃げてきた5つの州/地域はUSDPと全てが提携している訳ではないと述べた。

軍はTanintharyi村で燃料、日用品の購入を制限

Dawei Watchによると、軍は先週以来Tanintharyi地域のPalaw郡区の10以上の村で米、燃料、食用油の取引を制限。Jat Gar村のある住人は軍は現在、各世帯に米2kgと5リットルの燃料のみを村に持ち込むことを許可しているとメディアに語った。その結果、ほとんどの住民は農業に燃料を利用する機会を使用することができない。

ラカインの郡区は燃料不足、価格高騰に見舞われる

ラカイン州全体のコミュニティは地元メディアのDevelopment Media Groupとの会話で燃料価格の高騰、供給問題を報告。Kyaukphyu 区域の水産局の関係者は47隻の沖合漁船のうち、16隻が現在運行していないとメディアに語った。Kyaukphyuタウンの別の住人は町でこの状況が続き従業員が解雇された場合、沖合漁業の停止は失業を促進する可能性があるとメディアに述べた。

燃料価格の上昇に伴い輸送業が閉鎖

進行中の燃料機器の国の運輸部門に与える影響を示す多くの報告が先週公開。週の初めにMon Newsはモン州のいくつかの高速バス路線が燃料価格の高騰が続けば運行を停止する計画をしていると報じた。バス路線会社の広報担当者はメディアに乗客数も減少したと語った。現在の企業の主な収入源は社内持ち込み手荷物の料金。

ヤンゴンでの24時間電力供給の危機継続

国営メディアの発表によると、ヤンゴン配電公社(YESC)は6月中旬からこの地域の‘一部のタウンシップ’に24時間電力供給を目指す。どのタウンシップが定期的に電力を供給されるかについての情報は提供されていない。5月25日以来、YESCは午後5時から午前8時までタウンシップに、午前9時から午後5時まで工業地帯に電力供給を目指している。

2020/21年度にリリースされた輸送および建設ブラックリストを公開

建設省は2020/21年度に追加された50社のブラックリストを公開。連邦省は14社を除外し、地区及び州政府は更に36社をブラックリストに掲載。ブラックリストに載っている理由は明らかにされていない。ブラックリスト掲載ははパフォーマンスの低下や安全衛生規則の違反など様々な理由で脅かされることがしばしばある。

MoHは旅行用に更に2つのCOVIDワクチンを承認

民間航空局(DCA)によると、保健省(MoH)はミャンマーへの海外旅行者向けにさらに2つのCOVID-19ワクチンを承認。新たに承認されたワクチンはインドで開発されたCOVOVAX (NVx-CoV2372) と CorBEvaxTM。

エアアジアがミャンマーへのフライトを再開

ヤンゴン国際空港からクアラルンプールへのエアアジアAK 505便は6月3日8時25分に再開。月曜日と金曜日の週2回運行。

大韓航空はヤンゴン-ソウル便を再開

大韓航空(KA)によると7月6日にミャンマー行きのフライトを再開予定。毎週水曜日にヤンゴン-ソウル-ヤンゴン間で運行。COVID-19パンデミックの結果、KAのミャンマー行きへのフライトは2年間以上中断。先月、タイ・スマイル、エアアジア、ノックエアもまたそれぞれ6月1日、6月3日、7月1日にミャンマーへのフライトを再開していると報じられた。

バガンの遺産で非公式の集落を取り壊し

考古学部と国立博物館は、バガンの遺産内の非公式な集落を取り壊す計画を立てていると、City Newsが6月3日に報じた。 同局は現在、法的な許可なしにその地域に建てられた住宅の記録を作成し、計画を住民に通知している。 現在までに、同省は15世帯に計画を通知し、彼らの立ち退きの期限を設定している。

サウスダゴン公営住宅プロジェクト55%完了

The Mirrorによると、建設省(MoC)はヤンゴンのサウスダゴン郡区の公営住宅プロジェクトに関する最新情報を提供。この情報は、6月6日に建設大臣U Shwe Layがプロジェクトサイト訪問後に報告された。 伝えられるところによると、194の建物に3,104のユニットで構成されるこのプロジェクトは、約55%完了。 MoCは、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの公営住宅プロジェクトを監督している。

工業省は、セメント生産への国内および海外投資を奨励

工業省は、セメント工場プロジェクトへの投資を地元企業と外国企業に奨励していると、Charlie Than大臣が6月8日にBETVビジネスに語った。 投資を奨励する省の計画についての具体的な詳細は報告されなかった。

中国、香港の企業が製造業に400万米ドル投資

投資企業管理局(DICA)によると、2022/23年度の最初の月に、中国と香港からの製造業への4つの投資が承認された。 中国の3社が合計280万米ドルの投資の承認を受け、香港の1社が120万米ドルの投資の承認を受けた。 200万米ドルの投資延長も台湾の企業に承認されている。投資内容に関する詳細は報告されていない。

国営システムの下で燃料不足が続くと予想される

4月3日にミャンマー中央銀行(CBM)が外国為替規制を課した後、国は継続的かつ悪化する燃料不足が続いている。 新しいシステムは継続的な不足につながると予想され、燃料の闇市場の復活に拍車をかける可能性がある。

DICAが5月、500社の登録を抹消

Global New Light of Myanmarの6月6日の記事によると、投資企業管理局(DICA)は、年次報告書の提出を怠ったとして、5月、500社を登録から抹消した。それ以外にも、まだ年間収益を提出していない企業が約2,000社あると付け加えた。 DICAは昨年7月に同様の通知を発行し始め、それ以降、4,000社近くの企業が登録抹消されている。

企業登録は5月にクーデター以後、最高値を記録

投資企業管理局(DICA)によると、5月の月間企業登録数は1,211に増加し、軍事クーデター以来最高の数字になった。この数字は4月の960からも上昇しており、4月については水かけ祭りの祝日に部分的に起因している可能性がある。 ただし、この数字は2019年の同期間の6,716から21%減となっている。

中央銀行が2019年の輸出収益を預金しなかったとして137社を起訴

6月4日のGlobal New Light of Myanmarによると、ミャンマー中央銀行(CBM)は、規制当局からの繰り返しの通知にもかかわらず、2019暦年の輸出収益を預金しなかったとして137社を起訴した。これらの企業は、2016年以降の未報告の輸出収益について5月上旬にCBMによってブラックリストに登録された158社のリストに含まれている。特筆すべき企業としては、川の遠征を運営するPandaw Cruisesや、電子機器の小売りおよびITディーラーのTechnolandが含まれる。

バゴー政府は、中国、日本からの製造業投資を承認

バゴー地域投資委員会は5月27日の会議で中国と日本の衣料品メーカーからの投資を承認したとMyanma Alinが報じた。

工業省がPinpet steel millの管理委員会を設立

工業省は、第2製鉄所プロジェクト(Pinpet)の操業再開を担当する管理委員会を設立したとDaily Elevenが5月31日に報じた。

ヤンゴンの不動産市場はハイエンドの売上高の増加を予測

ヤンゴンの不動産市場は、数十億チャットに相当する高級不動産の売り上げが伸びていることで持ち直していると、不動産業者はDVBニュースに語った。

National Races Villageの近くにバゴーリバーアイランドリゾートを企画

City Newsによると、Best Myanmar National Tourism Public社は、ヤンゴン地方政府と協議して、the National Races Villageの近くにリゾートと観光エリアを開発している。

石油とガスの廃止措置に関する既存の法的枠組みに焦点

Lincoln Legal Servicesは、ミャンマーにおける石油およびガスの廃止措置に関する既存の法的枠組みの概要を公開した。

シェブロンの株主12%がミャンマーの売却決議を支持

シェブロンの株主の内12%は、5月25日、同社の年次株主総会でミャンマーから迅速かつ責任を持って会社に要請する決議に賛成票を投じた。

燃料、電力不足はヤンゴン、マンダレーのビジネスに影響を与える

燃料不足と停電は、ヤンゴンとマンダレーの中小企業の運営に影響を及ぼしていると、イthe Irrawaddyが今週報じた。

ミャンマー石油貿易協会(MPTA)が割当制を導入するにつれて、ヤンゴンで燃料闇市場が再び出現

People’s SpringのFacebookによると、燃料不足が拡大する中、ヤンゴンでは燃料の闇市場が再び出現した。

トラックのMuseゲートの再開に向けた取り組みが進行中

Global New Light of MyanmarによるとMuse国境ゲートを通ってトラックはまもなくミャンマー-中国間の国境を越えることが許可される。

中央銀行は2016年-2017年輸出売上高未報告の輸出者をブラックリストに登録

Global New Light of Myanmarの5月10日のアナウンスによると、ミャンマー中央銀行(CBM)は過去5年間に規定の期間内に輸出収益を預け入れなかった158企業をブラックリストに登録。

Dali-Baoshan間の鉄道建設が完了

ミャンマーの中国大使館によると、駅、橋、その他のインフラを含むDali-Baoshan間の鉄道区間の建設は5月10日時点で完成。

BUCKは56企業を”dirty list”に追加

ビルマキャンペーンUK (BCUK)は5月10日にミャンマーの軍事、人権侵害、環境破壊に関連していると言われる企業のDirty Listに56企業を追加。

民俗村の新しい波止場入札

情報省によると、国家行政評議会に任命された民族大臣U Saw Htun Myint Aung及び副大臣U Zaw Aye Maungは5月16日にTharketa郡区にあるミャンマー民俗村レクリエーションパークに新しい波止場の建設準備を視察。

SAC、EAEUが経済関係について話し合い

ミャンマー国営メディによると国家行政評議会(SAC)が任命した大臣がミャンマーとユーラシア経済共同体(EAEU)の相互の経済関係について3月24日・25日にネピドーでユーラシア経済委員会(EEC)と一連の会議を開催。EEC代表団はHeavy Enterprise 協力事務局長Andrey Diansky及びロシアミャンマー友好協会副会長Vitaly Malievによって率いられた。鍵となる議論は両者間の投資、貿易を促進するための協力覚書、二者間での貿易時に使用される支払い決済通貨、ミャンマー、ロシア、ベラルーシの間での潜在的防衛サービス協定への署名する計画について。

YGEAは金の取引を販売所に制限

ヤンゴン地域金起業家協会(YGEA)は全ての金取引が販売所で行われなければならないと述べて、 5月18日にGNLMで発表。

MADBは農民に対する新型コロナ感染症救済ローン3度目の延長

ミャンマー農業開発銀行(MADB)は農民に対してCOVID-19救済ローンの返済期限を9月30日まで延長したと5月19日のGlobal New Light of Myanmarを通じて発表。

中央銀行は、5月初旬に7億米ドル近くの売上高を予定

ミャンマー中央銀行(CBM)の銀行顧客と銀行間取引の双方の加重平均レートは、4月5日から5月19日まで、参照レートと同じ傾向に従って、1米ドルあたり1,850MMKだった。

Grabは、GrabFinの下でデジタル金融サービスを統合

同社のプレスリリースによると、スーパーアプリ企業のGrab社は、デジタル決済、保険、貸付およびウェルスマネジメントの提供を含むすべての金融サービス製品を、GrabFinと呼ばれる新しいブランドの下で統合した。

BRACマイクロファイナンスは、事業を「変革」するための資本を求める

同社のプレスリリースによると、BRACの国際部門であるBRAC International Microfinanceは、マイクロファイナンス事業の「変革的」資金調達を確保するために、5年間で最大2億5,000万米ドルを調達する債務プログラムを開始した。

Fintech MOがCitizens Payと提携

Modus Operandi(MO)社とCitizens Payは、5月9日に戦略的パートナーシップを締結した。

タチレイクで地下ケーブルの設置を計画

Tachileik News Agencyの発表によると、タチレクタウン電化委員会は、5月26日にシャン州のタチレク郡区の世帯の電力が遮断されると発表した。

マンダレー変電所、送電線拡張「75%完了」

国営Kyay Moneによると、マンダレー管区Yametin郡区のIn Taing村にある66/ 33kV変電所と66kV送電線の拡張が5月24日時点で「75%完了」。

ZLTスーパーエレクトリカル社がエーヤワディでミニグリッドを完成

国営Myanma Ahlinによると、5月21日、エーヤワディ管区Kyaiklat郡区にあるEain Yar Gyi村でZLTスーパーエレクトリカル社が開発した115kWソーラーミニグリッドプロジェクトの開会式が行われた。

Yadanaの移行は、PTTEP社のリソースに負担をかけ、ガス供給を危険にさらす可能性がある

Fitch Solutionsは最近の業界レポートで、Yadanaオフショアエリアの運営者を引き継ぐと、PTTEP(タイ石油開発公社)のリソースが圧迫され、タイへの安定したガス供給を維持することがより困難になるとレポートしている。

NYCプロジェクト実行委員会が再構成

BETV Businessによるとヤンゴン市開発委員会(YCDC)がthe New Yangon City (NYC)プロジェクトの実行委員会を実行委員会の主導権を握り再構成。

UL、AAがGwa郡区のShwe Yatiプロジェクトに反対

地元メディアの報道によると、ラカイン州に拠点を置く民族政治組織であるアラカン連合(ULA)/アラカン軍(AA)がGwa郡区でShwe Yatiビーチの新たなシティプロジェクトに反対。

SACがビジネスパーソンへの旅行制限を否定

国家行政評議会のスポークスパーソンMaj-Gen Zaw Min Tunが記者会見でSACがビジネスパーソンの出国を禁止していることを否定。

CBMがホテルの取引、賃貸料の支払いにドル使用を禁止

ミャンマー中央銀行(CBM)は5月25日にすべての省庁、州政、地方政府、及び地方自治体の委員会に対して、国内の支払いに関してチャットを使用し、全国でこの方針を実施するための独自の規制と方針を発行するよう通知を発送。

MPTAが燃料不足の噂を否定

ミャンマー石油貿易協会(MPTA)は5月19日に燃料不足の噂に関する声明を発表し、ソーシャルメディアで出回っている燃料がまもなく無くなるという噂に対処。

Sittwe郡区に3台のRBE電車が到着

情報省によると、5月16日にミャンマー国有鉄道(MR) はPyitawtha–Yay Chan Pyin路線で利用される3台のRBE電車をヤンゴンから輸送。

第1四半期の自動車販売台数が5.1%増

ASEAN自動車連盟によると、2022年第1四半期の自動車販売および生産は昨年と比較してそれぞれ5.1%と73.9%増加。

EFRが7月1日の年次総会を発表

YSXへの提出書類によると、ヤンゴン証券取引所(YSX)に上場しているEver Flow Riverグループは年次総会を7月1日にオンライで開催すると5月12日に発表。

MAIがニューデリー、コルカタのフライトを再開

ミャンマー国際航空(MAI)は、毎週金曜日にヤンゴン-ニューデリールートを、毎週日曜日にヤンゴン-コルカタルートを運航すると発表。

Shop.com.mmがNinja Van社を2022年第1四半期の最高ロジスティクスパートナーに指名

Shop.com.mmは、2022年第1四半期のロジスティクスパートナーに対して、Ninja Van Myanmar社にデリバリースター賞を授与した。

ミャンマー‐タイ友好橋の再開について会合

Global New Light of Myanmarによると、ミャンマーとタイの当局者は、最初のミャンマー-タイ友好橋を再開する計画について5月5日に会議を開催。

中国-ミャンマー鉄道のトンネルのボーリング完了

CGTNによると、より広い中国-ミャンマー鉄道の一部となる予定の330kmの大瑞線の主要区間にある6つのトンネルの掘削とボーリング作業が5月8日に完了した。

納税者識別番号の要件が導入

国家統治評議会(SAC)が管理する計画財務省通知(No. 20/2022)は、非営利団体を含むミャンマーのすべての企業および組織に対して、6月30日までまたは90日以内に納税者識別番号(TIN)を申請することを義務付けた。

軍にリンクする施設へはシャン州で24時間電気を供給

Kanbawza Tain Newsは、シャン州南部の軍事本部と大隊施設、シャン州政府事務所、代表院事務所、および一部の企業は、州全体の家庭が負荷制限計画の下で電力供給が途絶えているにもかかわらず、24時間電力の供給を受けていると報じた。

泰PTTEP社によると、ヤダナで進行中のオペレーター移行

タイのPTTEP社の2022年第1四半期のレポートによると、ヤダナオフショアエリアのオペレーターシップの移転が進行中となっている。

MICは8つの優先セクターにEolsを発表

The Global New Light of Myanmarによるtpミャンマー投資委員会(MIC)は最近、8つのセクターの関心表明(EoI)を発表した。 EoIは次のセクターに関連していると報じた。

映画館が低い動員数で苦戦

DVB Newsの報道にると、映画館は4月17日の再開以来、週末でも集客に苦戦。

YRGが31の公務員住宅プロジェクト入札を公開

The Mirrorでの入札発表によると、ヤンゴン地域政府はHlaingtharyar (西部)郡区にある31の公務員住宅プロジェクトの建設に関する入札を公開。

YRICが4件の外国投資を承認

City Newsによると、ヤンゴン地域投資委員会は5月第1週に4件の外国投資を承認。承認された投資は産業事業、アパレル・バッグ生産、米の生産、輸出で、総額400万米ドル。

計画・財務省は最近2022/2023年度の省予算をウェブサイトで公開

計画・財務省は最近2022/2023年度の省予算をウェブサイトで公開。建設省は9595億MMK(5億1900万米ドル)が割り当てられた。

アップル、グーグルがMRTVアプリを削除

国家行政委員会が管理するミャンマーラジオテレビ局(MRTV)アプリは、発売翌日となる5月5日にアップルのApp StoreとGoogle Play Storeから削除された。

商業省が346件の貿易証明書を2021年に取り消し

5月6日のGlobal New Light of Myanmarでの発表によると、商業省は与えられた期間内に輸出売上を預け入れなかったとして、2021年に346企業の輸出入登録証明書を取り消し。

4月の企業登記落ち込む

投資企業管理局(DICA)のデーターによると、4月の月間登記企業数が3月の1050件から今年の最低件数に当たる960件に減少。

FoodpandaがWavePay支払いチャネルを追加

Wave MoneyのモバイルウォレットサービスであるWavePayは、5月6日にヤンゴンのチャトリウムホテルで2社間でパートナーシップを契約を締結した後、公式にフードパンダミャンマーの最初のモバイルウォレット支払いオプションとなった。

トラックのムセゲートの再開に向けた取り組みが進行中

Global New Light of Myanmarによるとムセの国境ゲートを通ってトラックはまもなくミャンマー-中国間の国境を越えることが許可される。

中央銀行は2016年-2017年輸出売上高未報告の輸出者をブラックリストに登録

Global New Light of Myanmarでの5月10日のアナウンスによると、ミャンマー中央銀行(CBM)は過去5年間に規定の期間内に輸出収益を預け入れなかった158企業をブラックリストに登録。

Dali-Baoshan間の鉄道建設が完了

ミャンマーの中国大使館によると、駅、橋、その他のインフラを含むDali-Baoshan間の鉄道区間の建設は5月10日時点で完成。

BUCKは56企業を”dirty list”に追加

ビルマキャンペーンUK (BCUK)は5月10日にミャンマーの軍事、人権侵害、環境破壊に関連していると言われる企業のDirty Listに56企業を追加。

民俗村の新しい波止場入札

情報省によると、国家行政評議会に任命された民族大臣U Saw Htun Myint Aung及び副大臣U Zaw Aye Maungは5月16日にTharketa郡区にあるミャンマー民俗村レクリエーションパークに新しい波止場の建設準備を視察。新たな桟橋はBotahtaung波止場からBago川を経由して民俗村までの水路リンクを提供するために建設。

SAC、EAEUが経済関係について話し合い

ミャンマー国営メディによると国家行政評議会(SAC)が任命した大臣がミャンマーとユーラシア経済共同体(EAEU)の相互の経済関係について3月24日・25日にネピドーでユーラシア経済委員会(EEC)と一連の会議を開催。

YGEAは金の取引を販売所に制限

ヤンゴン地域金起業家協会(YGEA)は全ての金取引が販売所で行われなければならないと述べて、 5月18日にGNLMで発表。

MADBは農民に対する新型コロナ感染症救済ローン3度目の延長

ミャンマー農業開発銀行(MADB)は農民に対して新型コロナ感染症救済ローンの返済期限を9月30日まで延長したと5月19日のGlobal New Light of Myanmarを通じて発表。

M1 Groupは、Telenor Myanmarの支配権をShwe Byain Phyu Telenor Groupに移管

シンガポールの会計企業規制庁への提出によると、レバノンのM1グループは、5月12日にTelenor Myanmarの支配権をShwe Byain Phyu Groupに移管した。

Labour rights watchdogがファッションブランドに新規投資を控えるよう要求

倫理的取引イニシアチブ(The Ethical Trading Initiative :ETI)は、人権状況の悪化により、ファッションブランドがミャンマーにこれ以上投資しないように求めている。

Yomaの不動産開発収益600万で24%減少、リースは改善

Yomaの最新の財務報告によると、Yoma Land Development社は、2021年10月から2022年3月までの収益が1290万米ドルで、前年同期の1690万米ドルから24%減少。

Emerald Bay Residenceは引渡しを2023年下期まで延期

タケタ郡区の多目的開発であるEmerald Bay Residenceの2つの住宅タワーの引き渡しは、2023年12月まで延期されたと営業担当者はMyanmar Real Estate & Construction Monitorに語った。

タイへのガス輸出は第1四半期に前年比4%増加

タイのエネルギー省が発表した数字によると、タイへのガス輸出は、2022年第1四半期に前年比4%増の1日あたり平均7億1800万立方フィート(mmcfd)だった。

国軍がミッチーナーの小売業者に燃料価格を下げるよう圧力

Kachin News Groupによると、国軍が任命した当局者は、カチン州のミッチーナにあるいくつかのガソリンスタンドに燃料を低価格で販売するよう圧力をかけている。

Goldpetrol 社は2022年の予算でChaukで6番目の開発井を掘削

Interra Resources社からの発表によると、Goldpetrol社は、マグウェ地域のChauk陸上フィールドでCHK1234開発井の掘削を開始した。

中国企業はブラックリストに対し動揺がないように見える

環球時報によると、太陽光発電プロジェクトの実施に失敗したとして軍によってブラックリストに載せられた一部の企業は、その経験がミャンマーへの投資を思いとどまらせていないと主張している。

BMF、CarsDBが自動車購入のためのローンパッケージを提供

CarsDBとBMF (Best Merchant Finance)は4月29日から5月1日にHlaing 郡区にあるBMF本社で自動車販売イベントを開催し、ローンパッケージプロモーションを提供。

中央銀行が未報告の輸出収入に対して新たな警告

ミャンマー中央銀行(CBM)は4月27日に国営新聞を通して、輸出者に対して輸出日から3ヶ月以内に全ての外貨収入を輸出業者の国内銀行口座に預けるよう求めた。

純金価格が1ティカル200万MMKを下回る

4月の第3週時点で純金の価格は1ティカルあたり2,085,000MMK。

アリペイが2C2Pの主要株主に

シンガポールを拠点とする2C2Pが4月18日にAntグループと戦略的パートナーシップを締結。

中国とミャンマーが国境貿易について会談

商業省のU Min Min事務局長、Chen Hai駐ミャンマー中国大使、その他のミャンマー及び中国の政府関係者は中国とミャンマーの国境貿易に関するオンラインミーティングに4月28日に出席。