News

Shwe Taung Cement has secured MIC agreement for Ks38.6 m investment

On 29 September, Shwe Taung Cement obtained MIC approvals for a Ks38.6 m ($29,744) investment to expand the production and marketing of cement. The investment is registered on 400-acre and 55-acre sites in Kupyin Kyoe Wine Compound in Tharsi Township, Meiktila District, Mandalay Region. In Pyi Nyaung of Mandalay Region, […]

Thilawa foreign investment dropped 55% in last FY

According to the Directorate of Investment and Company Administration (DICA), authorised foreign investment in Thilawa Special Economic Zone has seen a 55 percent year-on-year decline. Investments in 16 approved businesses totalled $362 million in FY2018/19, while $163 million was invested in eight approved businesses during FY2019/20. Under MJTD, Thilawa SEZ […]

YRTA issues 202 import slips for buses

202 bus import slips have been issued by the Yangon Region Transport Authority (YRTA) to replace Yangon Bus Services (YBS) buses manufactured from 1999 to 2003. According to YRTA Joint Secretary U Hla Aung, the move is part of the YRTA’s intention to promote getting rid of buses that are […]

Thaw Tar Win earns Meiktila-Mandalay Road upgrade MIC approval

A Ks21bn (£16.2 m) investment by Thaw Tar Win to carry out the Meikhtila-Mandalay Road upgrade has been allowed by the Myanmar Investment Commission (MIC). On a BOT basis , the company is to upgrade the 140 km road and collect tolls. The company has recently been participating in constructing […]

Four major bridges to be built in Sagaing next FY

The Government of the Sagaing Region has stated to build four main bridges in coming fiscal year. The bridges will cross the rivers of Chindwin (Tamanthi), Myittha (Kalay), Homalin and Yamar North (Palae). The Ministry of Construction has revealed that the infrastructure will be constructed by private firms on behalf […]

Gas pipeline explosion, Ayeyarwady district

According to Myanma Ahlin, a gas pipeline explosion on in the Ayeyarwady district caused injuries on 9 October. It took place near the village of Ywar Thit Kone and a total of 10 people were injured in the outbreak at the pipeline running from the No.2 Liquefied Petroleum Gas (LPG) […]

Residents of Mandalay requested for photographs of power meters

According to the Myanmar Times, the Mandalay District Electricity Supply Corporation (MDESC) recently asked residents of seven townships to submit pictures of their electricity meters via Viber app to measure their bills. Three townships – Mahaaungmyay, Chanayethazan and Amarapura have been put under stay-at-home orders in Mandalay District. Though there […]

Off-the-grid again in Paletwa

According to Myanmar Digital News, the Paletwa Electricity Supply Enterprise (PESE) again stopped supplying power to citizens on 1 October as it no longer has the fuel required to run its diesel generators. Due to newly implemented COVID-19 travel restrictions, some barrels of diesel are stuck in nearby Samee Town […]

Maersk to avert using ports owned by the military

Maersk will stop using Myanmar’s military-owned ports, with the last voyage to TMT Port planned for 15 October. In Yangon, Hteedan International Port Terminal, TMT Port, and Ahlone International Port Terminal 1 are operated by the military. Maersk was placed in the “dirty list” released in May by Burma Campaign […]

Yangon shopping centers offer cuts in rentals for October

According to Myawaddy Daily, shopping malls in Yangon have cut rentals by 50 percent due to the retail slump caused by the pandemic. Since September, in order to curb the spread of COVID-19, the government has only allowed vital utilities, food and medicine shops to operate. All other shopping stores, […]

Suspension for domestic flights extended

Due to the COVID-19 outbreak, the domestic flight suspension will be extended to 31 October, the Department of Civil Aviation (DCA) announced. However, it is allowed for cargo flights to continue running. The state asked the airline to take cutting the workforce budget into consideration. All local airlines would require […]

MIC permits two local hotel businesses

Two domestic hotel projects in the Yangon Region and Kayin State have been approved by the Myanmar Investment Commission, according to a press conference held on 2 October. The MIC allowed Shwe Pan Kabar Co., Ltd. to conduct the hotel services in Insein Township of Yangon. Northern Lights (Hpa An) […]

Star City to extend fresh market, transport terminal and jetty

According to the Yoma Land newsletter, Yoma Land plans to develop a new market and a transport terminal for the StarCity project in Thanlyin. The market project is to be completed by the end of 2020 and the bus terminal plans are to be followed shortly afterwards. Before April 2021, […]

AYA SOMPO’s partnership with Ar Yu Hospital

According to an announcement on 13 October, AYA SOMPO Insurance partnered with Ar Yu International Hospital on 1 October. The insurer has also formed partnership with Pun Hlaing Siloam Hospitals on 5 October. Ar Yu Hospital, according to an announcement made on 5 October, also entered into a similar collaboration […]

Myanmar Agro Exchange aming to go listing in 2021

According to the Myanmar Times, Myanmar Agro Exchange Public (MAEX) hopes to list on the YSX next year. In Insein Township, MAEX currently runs a wholesale market that is still being advanced to have a supermarket, cold storage, and business and residential buildings. Dagon International set up MAEX to oversee […]

AYA SOMPO’s partnership with Pun Hlaing Hospitals

On 5 October, AYA SOMPO Insurance announced it had entered into a partnership with Pun Hlaing Siloam Hospitals. According to AYA SOMPO, the partnership would extend added-value supports to AYA SOMPO policyholders and their families at Pun Hlaing Hospitals. In September, Pun Hlaing entered parterships with A Bank and Prudential […]

NDB opens the first Mandalay branch

On 24 September, Naypyitaw Development Bank (NDB) opened a new branch in the Mandalay Area, its first branch outside the capital city. The lender was formerly Naypyitaw Sibin Bank (NSB) and was founded in February 2013 and is owned by the Development Committee of Naypyitaw, the capital administration body. NDB […]

Launch of Korean life insurance before the end of 2021

According to an article in the Asian Insurance Review, South Korean company Kyobo Life Insurance has obtained “business approval” to offer insurance products in Myanmar. JoongAng Daily, a Korean newspaper, has also stated that the firm will be able to start operations by the end of next year. The first […]

CB BankがSuzuki Myanmarとともに新しい金融商品をローンチ

CB BankとSuzuki Myanmarは11月7日にCB-Suzuki Easy Financeをローンチした。 このパートナーシップ協定により購入者はSuzukiのショールームにおいて20%安く七年間分割払いで自動車を購入できる。 CB BankのManaging Director、U Thein Zaw TunはCB Bankの金融商品を向上しようとしており、今回のSuzukiとの協定はとても喜ばしいものだと語った。 両社は自動車保険をEasy Financeを利用している方々に提供するために、Grand Guardian Insuranceともパートナーシップ協定を結んでもいる。 【Myanmar Business Today 14.11.2019】

DHLがミャンマーでの倉庫を増築、事業拡大を計画

物流のサプライチェーンであるDHLはこれまで約15.8憶ドル(約100万ユーロ)をヤンゴン市内ダゴン・セイッカン工業地域の設備に投資をしてきたが、2021年までにさらに200人以上のフルタイム従業員を採用する予定だという。 DHLの倉庫はミャンマーの顧客基盤、主に消費者、テクノロジー分野における拡大する需要を満たすことが出来る。 DHLは1982年にミャンマーでの事業を始め、現在までにサプライチェーンや世界的な輸送部門を用いてあらゆる面でロジスティックソリューションを提供してきた。DHLのサプライチェーンはミャンマー投資委員会で認められた唯一の外資100%企業である。 【Myanmar Times 13.11.2019】

日本企業のミャンマーへの投資規模拡大

今年の6月末までに日本からミャンマーへの投資は12.08憶ドルに達しており、ティラワ経済特区では約110カ国の外国企業が今年の9月30日までに18.6憶ドルを投資しており、そのうち半数以上が日本企業からの投資である。 JICAの発表によると、現在ティラワ経済特区の土地のうち、Zone Aは99%がZone Bは50%がすでに購入されているという。トヨタ自動車株式会社は自動車組み立て工場を建設中で、広さは21haに及ぶという。 一方、マンダレーではJICAの合同プロジェクトの一部として、絹織物・繊維産業を発展させるための活動が進んでいる。まだこの産業分野での発展は時期早々ではあるが、今後約50,000人もの人々のための仕事が生まれるという。 また、タニンターリ地方ダウェイ経済特区の約80憶ドル規模の建設の再開に向けてミャンマー政府は現在プロジェクトを進行中である。この建設は2013年以来経済的な理由で中止になっていた。このプロジェクトでは深海用の海港、ハイテク(高度技術)エリア、情報技術エリア、輸出加工エリア、物流エリア、サービス業エリア、そして、その他インフラ建設が含まれている。 【Global New Light of Myanmar 13.11.2019】

1か月間のミャンマーの対外貿易、31.9憶ドルに

11月1日時のミャンマーの今年度の対外貿易は31.9憶ドルに達し、前年の同時期と比べて4.17憶ドルも増加した。前年は27.8億ドルであった。 今年の10月1日から11月1日まで沿海貿易と国境貿易は前年度と比べて4憶ドルも増加した。輸出額が15.7憶ドル、輸入額が16憶ドルとなった。 ミャンマーの輸出品は、農作物、畜産物、鉱物、林産物、加工品であるのに対して、輸入品は、資本財、加工品材料、最終財である。 ミャンマー政府は、今後、高価な輸入品の輸入を減らし、輸出を増やすことで貿易赤字を小さくする予定である。 【Global New Light of Myanmar 12.11.2019】

10月のミャンマーの対外貿易が31.9憶ドルに

11月1日時のミャンマーの今年度の対外貿易は31.9憶ドルに達し、前年の同時期と比べて4.17憶ドルも増加した。前年は27.8億ドルであった。 今年の10月1日から11月1日まで沿海貿易と国境貿易は前年度と比べて4憶ドルも増加した。輸出額が15.7憶ドル、輸入額が16憶ドルとなった。 ミャンマーの輸出は、農作物、畜産物、鉱物、林産物、加工品であるのに対して、輸入は、資本財、加工品材料、最終財である。 ミャンマー政府は、今後、高価な輸入品の輸入を減らし、輸出を増やすことで貿易赤字を小さくしていく予定である。 【Global new light of Myanmar 12.11.2019】

2番目のタイ―ミャンマー友好橋が一般公開

タイ運輸省大臣Saksayam Chidchobが、2番目のタイ―ミャンマー友好橋のおかげで2国間の国境での貿易取引額は年間で現在の780憶バーツ(約25憶ドル)から1,000憶バーツ(約33憶ドル)にまで増加する、と発言したと、Bangkok Postは報じた。 2番目のタイ―ミャンマー友好橋はミャンマーのミャワディとタイのメーソットを結んでいる。この新しい橋は以前から利用されている橋の交通渋滞を緩和するために建設された。 タイとミャンマー間の国境での貿易取引額は2018年には合計1,900憶バーツ(約62.8憶ドル)であった。そのうち、780憶バーツ(約25.7憶ドル)はメソット地区経由であるとBangkok Postは報じた。 【Myanmar Times 7.11.2019】

MICによると韓国の投資家の撤退はないという

バングラィデシュの新聞が、約100の韓国企業がミャンマーの経済特区における問題によりバングラディシュに事業を移したいと報道しているが、MICがミャンマー国内の韓国大使館の商務官に尋ねたところ、“単なる噂”だと答えた。Myanmar Investment Commission (MIC,ミャンマー投資委員会)の幹事U Thant Sin Lwinの報告によると、韓国企業はミャンマーでの業務・事業運営をバングラディシュに移行していないという。 現在、ミャンマー国内の2か所の経済特区に韓国は関わっている。また、DICAによると韓国は海外からミャンマーに投資をしている国の中で6番目に大きく、今までにミャンマーの179の企業に39憶ドルも投資している。 【Myanmar Times 7.11.2019】

ヤンゴン、2200万ドル以上の投資を承認

ヤンゴン地域投資委員会(Yangon Regional Investment Committee)は10月30日の会議にて、11の海外からの投資と国内からの投資を承認した。この投資により6,000以上もの仕事が生まれるという。 11の海外からの投資は2200万ドル、国内からの投資は8憶チャット(≒530万ドル)になると推定されている。 ミャンマはー現在、投資資金の流入量を増やすために、短期計画(2017-2021)、中期計画(2022-2026)、長期計画(2027-2036)を実行している。 2014年の国勢調査によると、ヤンゴン地域には700万人以上が住んでおり、64%が生産年齢であるため、ヤンゴンの労働力はとても強いという。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

Wilmar Myanmarが新製造工場のオープニングセレモニーを開催した

Wilmar Myanmarが食用油、米、小麦用製造工場のオープニングセレモニーを開催した。総額2憶ドルの出資となる。 これらの工場では、1日で食用油は460トン、小麦は530トン、米は1,200トンを製造することが出来る。工場は全てティラワ経済特区に建設された。 Wilmar MyanmarはWilmar International Limitedを中心としたシンガポールとミャンマー国内の企業、National Infrastructure Holdings、First Top Group、Riceland Internationalのジョイントベンチャー企業である。 製造工場に加えて、Wilmar International Limitedはティラワ経済特区に7000万ドルを出資してWilmar Jettyという桟橋を建設中である。2022年に建設予定だ。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

MAB、570憶チャットを中小企業に融資する予定

Myanmar Apex Bank(MAB)は国内の中小企業に対して総額570憶チャット(1チャットは約0.072円、2019年11月7日時)の融資を計画している。 MABのCBO、U Kyaw Ni Khinによると、MABはマイクロファイナンス会社5社、Fullerton Finance (Myanmar)、Proximity Finance、 Vision Fund Myanmar、Early Dawn Microfinance、 Pact Global Microfinanceにお金を融資する予定だという。マイクロファイナンス会社を通じて中小企業に融資を行うとのことだ。 また、今回の融資に加えて、ドイツ復興金融公庫(KfW Development Bank)の援助やJICAの2段階融資を利用した中小企業への融資も検討している。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

Hayman CapitalとOngoが容易なローン返済のために協力することに

マイクロファイナンス企業Hayman Capital Ltd.,と電子決済サービスを提供するOngoが新しいパートナーシップ協定を結んだ。これにより、ユーザーがOngoの電子決済プラットフォームを用いてローンの返済を行うことが出来るようになる。 Ongoの全てのモバイルウォレットアカウントはミャンマー中央銀行(Central Bank of Myanmar)が監督し、統制している。また、Myanmar Oriental Bankが監督するMobile Banking Licenseを取得している。 現在、ミャンマー国内に110,000人以上の人がマイクロファイナンスによりお金を借りており、そのうち70%が田舎に暮らしていて、77%が女性である。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

Global Fintechがマイクロファイナンス用にWaLoanというAndroidアプリを発表

10月25日、フィンテック企業Global Fintechがスマートフォンからアプリユーザーがマイクロファイナンスに申し込むことが出来るAndroidアプリを発表した。今年の6月14日のローンチ以来現在までに借り入れを行ったユーザー数が800人になった。 Global Fintechは現在4社のマイクロファイナンス企業、BNK Capital Myanmar、 BMF Microfinance、Pristine Global、Microfinance Delta Internationalと協業している。 ユーザーは最初の借り入れの申し込みの際に家族誰か1人の情報とそれを照合できる資料を提出する必要があるが、それ以降の借り入れの際は提出の必要がない。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

Capital Lifeと太陽生命が保険事業でパートナーシップ協定を結ぶ

ミャンマー現地法人Capital Lifeと日本の保険事業会社太陽生命がミャンマーに保険サービスを提供するためにパートナーシップ協定を結んだ。2社は2019年8月22日より準備をしており、太陽生命がCapital Lifeの株式35%を760憶円で取得した。今後、ネピードー、マンダレー、モーラミャイン、モンユワ、パテイン、パヤヤにオフィスを拡大する予定である。 ミャンマー国内の保険産業を発展させるために、ミャンマー政府は3社の生命保険事業会社と3社の損害保険事業会社の計6社のジョイントベンチャー会社に保険事業のライセンスを許可することで保険産業を民間セクターに開放した。 現在、世間の保険に関する関心は薄いが、iKBZの調査によると、保険市場は1年後に17.5兆チャット、10年後には40兆チャットにまで成長すると予測されている。 【Myanmar Business Today 7.11.2019】

物流問題により国内の卵の価格が下落

Myanmar Livestock Federation(ミャンマー家畜連盟)のU Kyaw Htinによると、卵の1ビス(ミャンマーでの質量の単位、約1.63㎏)当たりの価格が2,600Ksから1,400Ksに低下したという。これは、Muse(ムセ、マンダレーの北東部にある中国との国境近くにある都市)のような国境近くの地域で卵の輸送が難しかったため、卵の需要に対する供給が出来なくなったからである。 また、現在国内の畜産農家に対する外国資本からの圧力が高まっている。今年だけでもミャンマーは9つの外国企業、そしてアメリカ、インド、マレーシア、タイといった国々から投資を受けた。外国企業は可能な限り低利率でビジネスを展開することができるため、国内の畜産農家にとっては脅威である。 【Myanmar Times 5.11.2019】

今後20年間で約2000憶ドルの外国からの直接投資を目指す

ミャンマーでは外国からの投資を増加させるために様々な取り組みをしている。政府関係者によると、今後20年間で約2000憶ドルの外国直接投資を目指すという。 昨年はミャンマー国内の政情不安のため、目指していた外国からの投資が得られなかった。また、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)会頭のU Zaw Min Winによると、外国人投資家はミャンマーの労働問題を心配しており、雇用主だけではなく従業員も労働法を守る必要性を強調している、という。 他の業界トップの関係者によると、沖合の石油や天然ガスの開発、採掘の開発を政府が促すことで、外国からの投資額は急速に増加すると予想されている。 アジア開発銀行の予測によると2020年のミャンマーの経済発展は6.6%とされているが、世界銀行は6.8%と予測している。 【Myanmar Business Today 31.10.2019】

マレーシア企業がミャンマー南部の家具工場への投資を計画

マレーシア企業が、ミャンマー南部のバゴー管区にあるアカシア家具工場に投資を計画している。マレーシアのどの企業が投資を行うのかはまだ定かではないが、このプロジェクトにおいて3000トンのアカシアの木材を、ミャンマーアカシア生産連合から買う予定だ。ミャンマーのプランテーションは十分な量を提供できると推測されている。アカシアの木材は床やA4用紙、その他個人用品として使われる。 バゴー管区では、製造業セクターは14億の外国投資を受けて投資額トップになった。沖合石油掘削業、農業がそれに続く。それと同時に、同管区はこれまでに9460億チャットの国内からの投資を受けている。2018年8月に導入されたミャンマー新投資法では、ローカル企業に対して35%までの外国投資を許可している。 【Myanmar Business Today 21th Feb 2019】

ミャンマーと韓国がダラ郡区に新しい街を建設する予定

ミャンマーは韓国とヤンゴン川南側に位置するダラ郡区に新しい街を建設する予定である。ヤンゴンの人口増加により水道・電気の需要が高くなっており、この町ではより効率的に水道・電気を管理する必要がある。 両国は現在ダラ郡区とヤンゴンを結ぶKorea-Myanmar friendship bridgeを建設している。完成予定は2023年である。この橋の建設によりヤンゴンーダラ地区だけではなくトゥワンテ郡区、カウム郡区、クンジャンゴン郡区との交通も改善されるだろう。 また、ヤンゴン地方政府はヤンゴンの西側に位置する地域に『ニューヤンゴンシティ』建設という15憶USDの巨大プロジェクトを遂行中である。 しかしながら、さらにすべきことが2つある。1つはバゴー川を渡ったタンリン郡区の北東にあたる地域への投資家を探すこと、もう1つはヤンゴン人にとって誇りになるような高層タワーを建設することである。 【Myanmar Business Today 19.9.2019】

Japan-Myanmar Resource Trade Investment Expo 2019が今月開催される

2019年10月19,20日にJapan-Myanmar Resource Trade Investment Expo 2019がヤンゴンコンベンションセンターで開催される。 このイベントでは不動産、銀行、保険、観光、中小企業など様々な分野にわたるセクターのブースが160用意される。 「ミャンマー企業が日本企業から製品の製造方法や良質なサービスを学べるだけではなく、パートナーシップや専門的な議論、日本の伝統や文化に関する意見交換、ビジネスに必要なデータの獲得といった様々なメリットが考えられる」とSynergy Focus International CEO U Lin Kyaw Tunは述べた。 このイベントは2国間の経済的または文化的交流を目的としているので、投資家はミャンマー市場を学び、取引やビジネスに関わる活動を行うことが出来る。 【Myanmar Times 4.10.2019】

マイクロインシュアランス(マイクロ保険)は全ての人にとって包括的である

計画財務省は貧困層や低所得者に有用なマイクロインシュアランスを改善しようとしている。貧困に関しての定義・基準は国によって異なるが、アメリカ合衆国の2019年の最低賃金は時給7.25USDである一方で、ミャンマーの最低賃金は1日8時間労働をした場合、時給は約0.37USDしかない。 ミャンマーにおける保険産業は制限があるが、最近の法律改定により外資企業に市場が開かれることで保険産業が爆発的に拡大する可能性がある。しかしながら、保険産業が国の発展におけるニーズを確実に満たすには、健康保険、生命保険、資産保険といった様々なものを包括した保険である必要がある。また、従来の顧客ベースではなく、低所得者が他の国々でも自身の保険引受リスクを管理できるようにしなければならない。 DaNa Facilityはインシュアテック企業Stonestepからの多大な支援の下でマイクロインシュアランスを進めている。 【Myanmar Business Today 19.9.2019】

2020年にマイクロファイナンスと保険に関する法律の修正が完了する予定

金融監督局(Financial Regulatory Department、FRD)のGeneral Director、U Thant Zin Soeによると、計画財務省(Ministry of Planning and Finance)がマイクロファイナンス事業法と保険事業法を現在改定しており、2020年に決定すると予想されている。 現在のマイクロファイナンス事業法は2011年、保険事業法は1996年に制定されており改定が必要だった。マイクロファイナンス事業法は改定が進んでおり最終草案を作成中だが、保険事業法はまだ全く改定が進んでいない。 政府はこの2つの法案を掛け合わせて合法的な枠組みを確立しようとしている。法案作成には世界銀行、JICA、USAID(アメリカ合衆国国際開発庁)、UKaid(イギリス国際開発援助)、DaNa Facilityが専門的なサポートを行っている。 【Myanmar Business Today 19.9.2019】

タックスアメニスティ(租税恩赦)により大きな変化が起こる可能性がある

2019年連邦租税法によると、税金未納に対する罰則を受ける代わりにほんの3%の税金を払うだけで済むようになる。 また、企業が申告しなかった収入を資本やその他生産的な利用法に投資する場合のみ税率を下げるという。そのため、政府はどのような投資が減税の対象となるのか(例えばインフラ整備への投資など)を明確に示す必要があるだろう。 アジア開発銀行(Asia Development Bank)によると、ミャンマーのインフラを整えるには1200億USDが必要だとされているが、現在のミャンマー政府の租税収入は年50億USDしかない。そのため、今後インフラを整えるにはさらなる投資資金が必要である。ミャンマーの税率は申告された企業の収入額によるが、効果的な税率は10%だと考えられる。この税率では、ミャンマー政府の租税収入の約50%に値する25~30億USDの租税収入が見込まれる。 【Myanmar Times 25.9.2019】

NGO組織The Carter Centerの専門家によるミャンマーの2020年の選挙に対する警告

NGO組織The Carter Centerのミャンマー駐在DirectorのGreg Kehailiaによると2020年に行われるミャンマーでの選挙において、オンライン上における反民主主義勢力によって選挙を妨害される危険性がある、という。これは、ミャンマー国内に選挙運動の際に十分な財政上の規制が存在しないからである。そのためインターネット上で誤情報が広まったり、ハラスメントが起こったりする可能性がある。特に2020年の選挙は2015年の選挙と比べてより競争が激しくなるので、以前よりも選挙妨害にあたる行動が深刻化する恐れがある、という。 一方で、投票権が認められていない少数民族や国内避難民に関する懸念もあり、2015年の選挙と同様に選挙が延期される可能性がある。2020年の選挙はこれまでの歴史的出来事と同様にミャンマーの民主主義にとって重要なため、少数民族や国内避難民であっても市民権を制限・迫害すべきではない、という。 「選挙は政治的責任を示すときなので、ミャンマーの人々は何が達成されて、達成されなかったか、あるいは誰がどのような役割を果たすのかを理解するだろう」とGreg Kehailiaは述べた。 【Myanmar Times 25.9.2019】

DICAが新規の会社登録料金を値下げ

DICAはミャンマー会社法により10月から法人化する際の登録料が250,000MMKから150,000MMKに下がると発表した。登録料が下がるのは、株式有限責任会社 (Form A-1)、保証有限責任会社 (Form A-3)、無限責任会社 (Form A-4)、1950年の特別会社法における株式有限責任会社 (Form A-6)、海外企業 (Form A-8)としての登録である しかしながら、国内企業の年次報告・海外企業の年次報告は20,000MMKから50,000MMKに増加する。 これは中小企業にとってビジネスを始める際のコストを小さくすることで経済改革を進め、より起業しやすい環境にするためである。 ミャンマー会社法は2018年8月から発行されている。この年にはMyCoと言われるポータルサイト経由でDICAは全ての会社登録をオンラインに移した。 【Myanmar Times 24.9.2019】

10月~6月間のミャンマーへの外国直接投資、30.15億ドルに到達

今年の会計年度の10月から6月までの9ヶ月間において、既存の企業による増資を含めて30.15億ドルもの外国直接投資がミャンマー国内に流れていたことが投資企業管理局によって明らかにされた。この内、2億800万ドルがティラワ経済特区への投資である。 その中でシンガポールに上場している企業が最も大口で、中国、香港の企業が次に続いた。 交通部門が外国直接投資によって10億ドル以上を集め、投資部門ランキングでトップに立ち、製造部門が2位にランクインした。 2018年から2019年の会計年度における外国投資は農業、畜産業、製造業、電力、交通、ホテル・観光業、一般用・工業用不動産に流れた。 ミャンマー投資委員会は当会計年度の海外直接投資の目標を58億ドルに設定した。 ミャンマー投資法において、地域及び州の投資委員会は初期投資が60億チャット、500万ドルを超えない範囲の地域及び外国の提案を是認できるようになっている。これは投資計画の検証過程を簡単にすることを狙いにしている。 【Global New Light Of Myanmar 4th July 2019】

Myanmar Awbaが地元農家と高品質種子の生産を行う

Myanmar Awbaは油種部門などの進展のため、地元農家と協力し高品質種子の生産に取り組んでいくと発表した。省庁の支援を受け、Myanmar Awbaと共に家畜食糧安全基金(LIFT)が取り組む。Myanmar AwbaのThadoe Hein氏は、ミャンマーの種子生産は多くの問題を抱えているが、LIFTの投資、省庁の支援などにより改善をしていくことができるという。生産部門は雨季から、営業部門は12月から始まり、年内に2500tの生産を見込んでいる。またMyanmar Awbaと地元農業団体の協力により、ミャンマー初の種子生産会社が設立された。株はMyanmar Awbaが51%、地元農業団体等が49%である。 各農家は種子を生産し、それをMyanmar Awbaが買い取る。彼らはこのシステムにより安定した利益を得ることができる。LIFTは最初に300万$の投資を行い、130万戸の農家の収入アップを見込んでいる。農業の担当省によるとこの取り組みは、零細農家たちへの支援をミャンマー農業発展の中心課題に設定している国家戦略とも合致しているという。この公民パートナーシップが、零細農家たちに気候に左右されない安定した種子生産、収入に貢献すると考えられている。 【Global New Light of Myanamr 19.5.2019】

Mottama Development社、ヤンキンに新しい不動産ギャラリー公開へ

Mottama Holdingsの子会社である不動産開発会社Mottama Development Group Co.が新しい不動産ギャラリーをMaha Land Centre に6月29日オープンした。このギャラリーは最新のプレミアムオフィスやショッピングモール、公共娯楽施設を紹介するために設けられた。 Mottama Development Group Co.の責任者(chair)であるU Yang Hoによると今回オープンしたギャラリーで紹介している施設は雇用の創出や生活水準の向上によるヤンゴンの大都市への発展に寄与することを期待している。 持続可能な都市化の推進に焦点を合わせたこれらの施設は、都市の人口増加に対応するために仕事及び娯楽の質の向上を目指しており、具体的にはヤンゴンで最も高い鉄骨構造のビルであるM towerやAung Mingalar Bus terminalに近いターミナルMモール、ミャンマー水族館、Habour Trade Tower、HL Towerなどである。 【Myanmar Times 2nd July 2019】

Rent 2 Ownが10万人目の顧客を表彰する

Rent 2 Ownはヤンゴンに本社を構え、バイクレンタルサービスを手がける会社である。2015年の創業から急成長を遂げ、現在はミャンマー全土に50の支社があり、400以上のバイクディーラーと提携している。サービスは明快で、顧客はバイク本体の最低10%以上の金額をデポジットで払うとともに、月ごとや四半期ごとの料金を払う。特に地方などでバイクを買う余裕がなく、家から市街地や仕事場までが遠い低所得者層の需要が高い。 今年4月に同社は顧客10万人を達成し、10万人目の顧客を表彰した。 Rent 2 Ownは創業から計3500万$以上の海外直接投資を受けている。1000万$が資本、2500万$が負債という内訳になっている。昨年11月にはKWF DEG、agRIF、そしてDAIWA PIの海外企業3社が新たに株主となった。Operation managerのKai Marm氏は今後について、支店の増設、ディーラーとの関係強化を図っていくとともに、社会活動にも貢献をしていくという。現時点で45000本の植林活動を行っており、ゆくゆくは消費バイクの排出C2Oを補償する量の植林を目指しているという。また、安全性や道路舗装にも力を入れており、無料のヘルメット貸し出しなどを行っている。 【Myanmar Business Today 16.5.2019】

DICAが170社の任意解散を宣言

DICA(国家計画経済開発庁投資企業管理局)は、170社の国内企業がミャンマー会社法の下に任意解散したことを宣言した。4月末に行われた直近のDICA会議では、自発的に清算した企業は会社登録から除籍することができた。これら企業は1990年から2018年の間に設立された貿易・製造・サービス業などの企業である。去年8月よりDICAは企業に対し、MyCOのシステムから会社を登録・再登録するよう要請した。14000以上の新規企業と46000以上の既存企業が登録をした。合計登録企業は62000社近くとなった。 DICAは登録・再登録機関として半年の期限を設けたが、最終的に既存企業に対しては3月末まで再登録の期限を延ばした。この期限までに再登録がされなかった企業は登録リストから抹消されるとのことだった。ミャンマーには60000社近くの既存登録企業があったが、期限までにMyCOシステムで再登録を完了した企業は46377社にとどまり、10000社以上の企業が再登録をしなかった。 【Global New Light of Myanmar 17.5.2019】

ライセンスを所有しないオンライン小売業が法的制裁に直面しうる

消費者庁によると、ライセンスを所有しないオンライン化粧品小売業者は輸出入法により今後罰せられるようになるという。現在ライセンス未所有業者は、非正規に商品を輸入し政府の規制・ルールを守らず税金を払っていない。また商品の品質も悪く、消費者からの不満などの問い合わせが担当省庁に殺到しているという。オンライン販売されている化粧品の危険性は、安全性や品質の保証がない、健康に害を及ぼす可能性まである、と消費者庁の担当者は言う。 そのため、2014年に制定された消費者保護法は、今年2019年に修正された。修正された消費者保護法により、消費者に認可のない商品を売った事業主に対して、警告の付与や、商品の取り替え・顧客ヘの補償の要求などを消費者庁は行う。さらに輸出入法の改正も行われれば、罰則は罰金や3年以内の懲役刑などの重いものも含まれるようになる。 【Myanmar Times 17.5.2019】

MICが海外投資簡易化を目指す

MICはUKの補助金プログラムであるDaNa Facilityと協力をし、海外投資を促進するワークショップを開催した。16の投資に関わる機関を代表するのべ50人以上の役人が出席した。海外投資家の要求や官僚主義の規制の悪影響をより理解するためのワークなどが行われた。このワークショップは当初、国内・海外直接投資を呼び寄せるためのもので、ミャンマーの南地域・北地域両方をカバーするために、2回目がヤンゴンで、3回目がマンダレーで行われる予定だ。また同ワークショップでは、現在のミャンマー各地域のビジネス環境の概観やPSDの現況などについての批評も行われた。これらは特に郊外・田舎地域に住む品構想にとても重要なものである。 「投資の促進と簡易化はコインの裏表である」投資・海外経済関連省の栄誉秘書であるU aung Naing Oo氏は、投資簡易化の重要性を説き、そのためには関連省庁の政府役人が役割を果たす必要があるという。またDana FacilityのPeter Brimble氏も、貧困層への支援、国家の生産性の向上をもたらすPSDのためにも、投資簡易化の重要性を説いている。 【Myanmar Times 16.5.2019】

Sea Lion社が1000万ドル規模の流通設備を運用開始

ミャンマーでヘルスケア、生態医学、生命科学、技能教育、工業自動化に関するサービスを手がけてきたSea Lion社が昨日、ヤンゴン市South Dagon地区のKyan Sitt Thar工業地域にDistribution Solution Centreを開業した。この流通センターは100万ドル規模で、流通の効率化と急増し、変化しうる消費者の需要に応えるべく建てられた。 6870立方メートルにも及び、この設備はあらゆる種類の医療用資本設備、移植用機器、医療用消耗品、さらには製薬製品を扱う容量、流通設備で一番良いのではないかと言われている。 建設されるまでに13ヶ月もの月日を要し、気候によって調整可能な設備、オンライン在庫管理、全国的な物流サービスの機能が備えられている。 Sea Lion社は品質管理システムにおいてISO 9001:2015の規格を承認されている。一方、この施設は医療用機器とその関連サービスの質管理システムにおいてISO 13485:2016の規格の最終承認段階にある。 拡大への次のステップはミャンマーにおいて手頃で高品質なヘルスケア製品を供給するのを手助けし、サプライチェーン管理を最大限に活用するための工場施設を作ることである。 【Myanmar Times March 26th  2019】

大和PIがミャンマーのRoyal Garden Owls 社に出資

大和証券グループの子会社である大和PIパートナーズがRoyal Garden Owls(RGO) 社に投資した。この取引は大和PIのミャンマーで4件目のプライベートエクイティ投資となった。 RGO社はオンライン電子商取引市場であるRGO47を通じて、ファッションやアパレルを中心にさまざまな製品を販売している。ミャンマーでは通信網が広範囲にわたって広がり始めているものの、配送・資金決済システムのインフラがまだ未発達であるので、電子商取引市場は開発の超初期段階にある。 一方でスマホの普及率は80%と近隣の国よりも高く、中間所得者層の増加により、今後、電子商取引市場を通じた消費活動が活性化されることが見込まれている。 RGO社はミャンマー国内230の市を網羅する独自のネットワークを保持しており、RGO47の製品の配送、料金の回収、マーケティング活動を各地域で行うパートナーと独占契約を結んでいる。このネットワークとRGO47のプラットフォームが製品を多くの地域に届けるのを可能にしており、今後も取り扱う製品の数を増やしていくことで、消費者の選択肢と生活水準の向上に寄与していくだろう。今回の出資で得られた資金は電子商取引市場ビジネスの拡大に充てられる。 【Global New Light of Myanmar Mar 23rd 2019】

AEONがミャンマーにハイパーマーケットをオープン

日本の大手小売りであるAEONが、ミャンマーの新興発展経済で成長しつつある小売り業界に参入するため、ハイパーマーケットをオープンした。ヤンゴンのタンリン地区にAEON Orange Thanlyin Sakuraをオープンし、家電、衣服、家庭用品、食品の販売を始めた。 タンリン地区での唯一のハイパーマーケットである今回の支店は、敷地面積2800m²を誇り、他のAEONスーパーの3倍の大きさである。 2016年に、現地の小売りであるCreation Myanmar Group of companiesとAEON Orange Co., Ltdがジョイントベンチャーを組んで既存の14のスーパーマーケットを引き継いだ。 AEON Orange のゼネラルマネジャーである磯崎正康氏は、ミャンマーではいまだに近代的な小売店の数が少ないため、小売店をさらに展開させる余地があると述べている。AEONはカンボジアなどにショッピングモールやスーパーマーケットを開店し、東南アジアでの力を強めている。 【Myanmar Times, 14th May 2019】

ラカイン州、ホテル・観光業投資に向けて新しいビーチをオープンへ

観光省とラカイン州政府は、州により多くの観光業投資を呼び込むためにラカイン海岸沿いにホテル事業を視野に入れた新たなビーチを開発予定である。 新しく開発されるビーチに投資する見込みやチャンスは、ヤンゴンから陸路で9-10 時間かかるところに位置する人気の観光地ガパリビーチと近距離であることによって好評だという。観光省は農業、家畜、漁業、製造などを含めた他の部門に投資することにも興味を持っている。 投資家によると、ラカイン州のビーチ・ホテル事業や観光業には投資機会はあるが、高価な土地と輸送機関のインフラが十分に整っていないことが参入障壁となっているようだ。 州政府によると道路や空港建設など、たくさんのインフラ事業が作業中であり、すぐに始まるものもある。観光業を成長させるであろう5つの新事業が行われる予定である。 公式な記録によると、地元企業がラカイン州のホテル・観光業の投資に関わっている一方で、海外企業は今までのところ、ホテル・観光業だけでなく、家畜、漁業、石油、ガス事業に90億ドル以下もの額を投資してきた。 【Myanmar Times 26th Feb 2019】

Myanmar Tourism Bankが第一号店の業務を開始

Myanmar Tourism Bank(MTB)の第一号店が観光会社への金融サービスの業務を開始した。 MTBはミャンマー中央銀行からライセンスを獲得して開設された。 同銀行は観光業に特化した金融サービスを提供する銀行として、観光業界に向けての融資にフォーカスしているが、その他のセクターや対象に向けてもサービスを行う。ミャンマー中央銀行は担保に関する規制を緩めたため、担保なしでの16%のローンが認められた。MTBは観光業の振興のため、観光に関する融資は低利子で行う。 また、MTBは融資先のビジネス状況や特性に従ってローンを増やす旨を、MTBのマネージングディレクターが述べた。さらにマンダレー、ネーピードー、他の支店は来月にはオープンする予定である。 【Myanmar Times 8th May 2019】

NETSグループが支払いテクノロジーに関する覚書に合意

NETSグループは、ミャンマーの国の支払いネットワークに支払いテクノロジーとプログラムを開発させることに同意したことを明らかにした。 この支払テクノロジー下による初めてのプロジェクトは、MPUとともに行うSingapore Quick Response(SGQR)のQRコードを使用した中央保管プラットホームへの技術・オペレーション指導である。 2018年9月にシンガポール資本とInfocomm Mediaによる開発の援助のもと、ローンチしたSGQRは世界で初めて統一されたQRコードである。一つのQRコードにいくつものQRコードのデータを入れられることもできる。QRコードを提示する側はたった一つのQRコードで、たくさんの情報を一気にしシェアすることが可能である。 【Mizzima 9th  May, 2019】

日経社がヤンゴンに支店を開設

日経社がヤンゴンにNikkeisha, Inc. Myanmar Branch の正式名称でオフィスを構えることを報告し、このことが多くの日系企業の注目を浴びている。同社はミャンマー支店開設後、ミャンマーに進出を試みる企業の初期段階の手助けを行うことをプレスリリースで発表した。 日経社はセールスプロモーション、デジタル広告、大衆市場への広告などのコミュニケーションに関連したサービスを提供する。また、さらに新しいサービス内容を発展させ、ミャンマーのコミュニケーション業界の発展促進に貢献したいという姿勢を見せている。 これに加え、日本国内に向けてはミャンマー現地の情報を提供する予定である。具体的にはミャンマービジネスのトレンドを教えるセミナーやミャンマーへのスタディーツアーをアレンジするなどである。 【Global New Light of Myanmar 19th April 2019】

第一生命保険がミャンマー進出

第一生命保険株式会社はミャンマー市場に参入することを許可された5つの外国企業の一つとなった。第一生命は東南アジアで下請けのオペレーションを始めると見込まれている。 他の5つの外国企業の中には、第一生命の他に、香港のAIA Co., ltd、英領バミューダ諸島で登録された Chubb Tempest Reinsurance Ltd、カナダのManufacture Life Insurance、Prudential Hong Kong Ltdである。 ミャンマーは1月に外国企業に対して保険セクターを開放し、ライセンスを与える期間を発表した。このほか、ミャンマー政府は5月中旬にそのほかの5つの日本の保険会社にもライセンスを与えようとしており、ジョイントベンチャーを組んで35%以内のシェアを持つことでオペレーションをしようと計画しているようである。 政府がバックにいたMyanmar Insurance 社の半世紀にわたる独占状態から、2013年には政府はローカル人材会社にライセンスを与え、33の外国企業に事務所の開業を許可し、今に至っている。 【Global New light of Myanmar 10th April, 2019】

日本のミスミがミャンマーにプラスチック部品加工工場をオープン

プラスチックの部品加工メーカーであるMutsumi Special Alloy Industry Co.がミャンマーにプラスチック加工工場を今年末に開設することを宣言した。同社は東南アジアの日本企業の中で高まってきた需要に応えるため、製品を生産する予定である。 Mutsumiは300万ドルをバゴーの工場設立のために投資する予定である。Mutsumi & Mingalar Co., はジョイントベンチャーであり、95%はMutsumi グループによって保有されている。 Mutsumiは初期の月売り上げ目標を20万ドルに設定し、今後2年の間に月100万ドルを売り上げ、従業員も10人から100人に増やすことを目標としている。 同社は日本・秋田県での技能訓練を行い、ミャンマーの工場での仕事に従事してもらえる‘ように従業員を教育している。 【Global New Light of Myanmar19th April 2019】

豊田通商、ミャンマー史上初の車のオークションを開催

日本のトヨタ自動車グループの貿易部門である豊田通商が3月16,17日に地元のスタートアップ企業であるRebbiz Co., Ltdとミャンマー史上初の自動車オークションを開催する予定である。このオークションの目的は中古車取引の市場を構築することにある。トヨタと公式に販売代理店契約を結ぶ地元企業であるT.T.A.S Co., Ltdは200台以上の車を売ることを計画している。Rebbiz社はミャンマー最大のオンライン車市場であるCarsDBの創業主でもある。80-90%が中古車であるトヨタ、フォード、三菱、マツダ、シボレー、ランドローバーなどを含めた車がオークションで売られる予定である。ミャンマーに輸入されている自動車の数は2011年以来、増加してきている。 【MIZZIMA 14th Mar 2019】

マレーシアのSunway Constructionグループがミャンマーに参入

マレーシアのSunway Constructionグループが、ミャンマーのCapital Construction Lt(CCL) をパートナーとしてミャンマーに進出したことを、the News Straits Timesが発表した。建設の下請けであるSunway Builders (Myanmar) Co., Ltdは、CCLとともに主要インフラと建設事業プロジェクトを発展させることをビジネスの目標としており、ともに目標に向けて協力することに同意する覚書を結んだ。 CCLはミャンマーで有名な複合企業のCapital Diamond Star Group(CDSG)の建設事業部である。同社は食料品、小売り、不動産開発、建設事業、ヘルスケア、銀行業務、保険、マイクロファイナンスのそれぞれのセクターで事業を展開している。 【Mizzima, April 11th, 2019】

アメリカがエネルギー・インフラ業界への資金調達を検討

Overseas Private Investment Corporation (OPIC)が、ミャンマーでのエネルギー・インフラ業界において資金調達の機会を探していることを、同社スタッフの代表であるEric Jones 氏が述べた。 OPICはアメリカ政府の開発資金研究機関で、アメリカからの投資をする際に新興市場やプロジェクトへの資金調達を行う助けをする。OPICは資金調達をするために民間のエネルギー・インフラサービス企業を探しているとのことである。Jones氏はミャンマーを投資に向いている市場であるという見方を持っている。 OPICは現在ミャンマーで2億5千万ドルの投資を行っており、その多くは国内のテレコム電波塔を建設してきたApollo Tower Myanmar社へのものである。OPICはこれまでに50年以上の間、ミャンマーのような新興市場に対して投資を行ってきている。民間企業や業界を支えるというビジネスのモデルはミャンマーの地域ごとに進めている投資の方法とはまた違ったものなのである。 【Myanmar Times 9th April 2019】

MoneyGramがミャンマー国外向け送金を開始

MoneyGramとミャンマー市民銀行(MCB)が、ミャンマー国外に送金するサービスを開始することでパートナーシップを結ぶことに同意した。これにより、ミャンマーにある42のMCBの支店から、MoneyGramが存在する世界の200以上の国と地域に向けての送金が可能になる。 サービスの開始を記念して、ミャンマーから国外に向けて送金を行った人に対して、23,990チャットのプロモーションを提供している。さらにMoneyGram のモバイルバッテリーが当たるキャンペーンも実施している。 長年、MoneyGramはミャンマー国外に住む人たちからお金を受け取る手段として、多くの人から信頼され、使用されてきた。今回、送金をミャンマーから海外に住む人々に行うことができるようになり本当に嬉しく思っている、とMoneyGramのオペレーションの責任者であるSukesh Malliah氏が述べた。 【Myanmar Business Today 4th April 2019】

Sea Lion社が1千万ドルに値する貯蔵・ロジスティクス施設を開設

ミャンマーにおけるヘルスケア、生物医学、ライフサイエンス、技術教育や産業の自動化などのサービスを提供するSea Lion社が、昨日配送ソリューションセンターを開設した。この配送ソリューションセンターは、供給チェーンの効果を上げ、ヤンゴンの南ダゴンに位置するチャンシッター産業地域の顧客にたいして、需要のさらなる増加や変化をもたらすものである。 この施設は主要な医療機器や移植機器、医療における消耗品、製薬などを保存するための最適な施設になると見込まれている。この施設はタイのCivil Tech International Co., Ltd によって設計され、完成に13か月かかると予想されている。 Sea Lion社の次なる発展への目標は、ヘルスケア機器の製造施設を建設することである。ミャンマーで安い価格帯のヘルスケア製品を提供するため、今後も供給チェーンマネジメントを最大級に活用していく予定である。 【Myanmar Times 26th March 2019】

MAB、競争激化に伴いプライベートバンキングサービスを開始へ

MYANMAR Apex Bank (MAB)は特別なプライベートバンキングサービスとリワードプログラムを提供するミャンマーの個人富裕層向けのサービスMAB Gold Wealth Bankingを打ち出した。 今のところ、対象の顧客は最低3億チャットの現金を定期預金として預けられる人である。 金利については最短1,2ヶ月の預金で8.5%、最長2,3年で10.25%に設定されている。 MAB Gold の顧客は高級レストランやホテルでの食事、ミンガラー空港のラウンジへの入場などさまざまな特典が与えられる。 このようにミャンマーでは銀行業務の競争が激化しており、銀行は有望な顧客を獲得するためにより多くの顧客に向けてあらゆる動機付けを行っている ミャンマーの銀行業界が外国銀行を受け入れ始め、現地ビジネスに対する現地通貨の融資だけでなく貿易金融サービスが許可され始めた12月からこの動きは加速している。 外国銀行はチャット建てでの定期預金の受け入れを含めたリテールバンキングサービスはまだ認められていないが、MMTは外国通貨建てでの定期預金は受け入れられると見ている。 ここ2年で中央銀行は資金需要と地元銀行への融資に厳しい規則を割り当ててきた。 【Myanmar Business Today 1st Feb 2019】

KBZ銀行がミャンマーの優良銀行に認定

KBZ銀行はイギリスの経済誌、The Bankerによる『Bank of the Year 2018』に選出された。 The Bankerは銀行の業績、革新の伝達、顧客に対する価値の提供、社会に対するサービスの付与などの観点から、それぞれの国からたった1つの銀行を選出する。 新たなデジタルバンキングサービスであり、スマートフォンを使った日常生活の決済、便利で安全な送金やお金の管理を可能にしているKBZPayが賞賛され、KBZ銀行は賞を受賞した。 導入してからたった3ヶ月で10,000人の代理店と販売店に加え、45,000人もの人がKBZPayに登録したという。 『Bank of the year』にエントリーされた企業は長年の経験と実績を持った審査員によって、厳正かつ徹底的に審査される。他にもシンガポールのDBS銀行が『Global Bank of the Year』に、RMB銀行が『Most Innovative Bank in Arica』 に選出された。 KBZ 銀行はこれとは異なった団体が発表する『Best Domestic Trade Finance Bank in Myanmar』と『Mobile Banking Initiative of the Year in Myanmar』 も受賞している。 【Myanmar Business Today 13th Feb 2018】

中国、日本の投資家、ラカインに興味を示す

2月22日に行われたラカイン州の投資博覧会で欧米の投資家がラカインの人権問題を受けて、二の足を踏む一方で、中国と日本の投資家はラカイン州への投資に興味を示した。 他の州と外国投資家の援助による経済成長がラカイン州の問題を解決する方法になるのではないかと考えられており、在ミャンマー日本国特命全権大使は以前から行われてきた教育、健康、輸送部門に加え、道路や電気などのインフラ部門をODAによって援助する考えを明らかにした。 ラカインではこれまで州の主な収入源である石油、ガスなどのエネルギー源と観光業への投資が行われてきたが、今回の調査で農業、家畜、漁業部門が投資家から関心を集めていることが分かった。 ラカイン州の各部門がもつ潜在性と観光客数の増加がしている現状が国際的に認知されれば、投資家たちは投資し続けるだろうと予想されている。 また、先日開催された博覧会ではラカイン州の観光業に多くは投資される予定の28個の契約が署名され、その額は約50億ドルにも及んだ。 (Myanmar Times 4th Mar 2019)

日本の映画祭、ミャンマーへ

日本映画際2019がミャンマーへやってこようとしている。さまざまなジャンルの映画がミャンマー語と英語の両方の字幕付きで公開される。 日本は世界的に見ても、歴史のある大きな映画業界の一つであり、2010年以降、世界で4番目に多い数の映画が作られており、アジアでは最も発展している。 この映画祭ではさまざまな視点から、日本の生活を描写し、多くの人に日本文化を理解してもらうことを目的としている。また、このイベントはASEAN諸国の人々に日本の映画について関心を持ってもらい、アジア太平洋の映画市場と日本間における結びつきを強める役割もあり、やがて日本映画業界の新たな市場を作り出す機会にもなりうるだろう。 去年、行われた映画祭では15,000を越える人々が訪れた。今回の映画祭はミャンマーにとって特別なものになる。というのも今回の映画祭はミャンマーで撮影されたものと元のストーリーをミャンマーの実情に合わせて制作されたものが上映されるからである。 (Myanmar Business Today 24th Jan 2019)

ミャンマー、韓国との貿易拡大の姿勢

ミャンマーが韓国との貿易を拡大させようと努力するであろうことを、商業省の事務官U Aung Soeが、2月16日の韓国からの農産物輸出のプロモーションイベントで述べた。 このイベントはミャンマー商工会議所連盟と、韓国・ミャンマー研究連盟によってとり行われた。ミャンマーは現在ゴマと海産物、果物を韓国に輸出している。韓国では穀物や野菜の需要が高い。両国は農産物の貿易を強化すべきだという意見が挙がった。 両国は現在マンゴーと米の貿易について議論中であるが、ミャンマーの輸出が輸入よりも少ないためことが問題となっている。 2017~2018年は、ミャンマー・韓国間の貿易額が7億9千万ドルに達した。ミャンマー韓国への輸出額は3億ドルに達し、輸入額は4億9500万ドルであった。 (Myanmar Business Today 19th Feb 2019)

新車製造の7つの工場が誕生へ

従来の9つの工場に加えて、さらに7つのSKDを採用した工場が作られることが2月13日に開かれた会議で承認された。 SKDとはエンジン、足回り、駆動系統など比較的大きな構成部品があらかじめ組立て済み、シャーシやボディなども塗装や溶接済みの状態で輸入され、現地では主要構成部品をボディやシャーシに組み付ける、比較的簡素な組立て作業のみを行うものであり、最も操業コストが安い製造方法である。 通常、輸入された部品が基準を満たしているかを確かめるために、部品が作られた工場の検査証明書を確認し、これを受け取った後に工業省は実物証明書を発行する。 工業省は将来的にCKDにシフトする方針であり、そうすれば、工業または経済的な雇用が促進されるだろう。CKDとは車の主要な構成部品を1から組み立てるだけでなく、ボディの塗装やシャーシの溶接など、部品製造以外の複雑な工程をすべて現地で行わせるものであり、現地生産工場や人員にある程度以上の技術力が要求される。 これを実現するには、やはり安全性が必要不可欠なので、工業省はSKDの安全性を精査する検査チームを結成した。 【Myanmar Business Today 21st Feb 2019】

ミャンマーの英語運用能力、世界の下位10%にランク付け

ミャンマーはEFの英語能力指数の調査で英語を母国語としない88カ国のうち82位にランク付けられた。 英語能力の低迷は多くの国に比べて、投資が行き届いていないことを反映している。 ミャンマーではGDPのたった2%しか教育に費やされておらず、またミャンマーやバングラデシュなどの近隣のアジア諸国でも教師の非公式で一時的な労働が蔓延っている。 ミャンマーでは最近、教育部門が自由主義化され、政府に指定されたカリキュラムに沿って、完全に外国人が学校を管理することが可能になった。 ミャンマー国内では私営化された多くの学校が海外から進出してきているが、この過程において私営と民営の連携の実現が難しくなってきている。というのも多くの私営学校では文部省が公式に認めた卒業証書を生徒に与えられるように地元の免許を持った教師を雇わなければならないからである。 政府は私営の学校の役割を認識するだけでなく、学校の質を保証し、各子供のニーズにあわせてカリキュラムを適応させる必要がある。 適応させる上で重要なのは混血の子供に対して、他の言語を学べるカリキュラムを作ることである。 【Myanmar Times 25th Feb 2019】

ヒルトン、ヤンゴンに新たなホテル建設へ

ヒルトンは公式にCrown Advanced Construction との連携に合意し、サインした。 Hilton Times City Yangonは2022年に完成予定であり、ヤンゴン国際空港と中心の商業地区との間に位置し、スイートルームはもちろん商業施設も組み込まれる予定である。 さらには1250平米のイベント会場や550平米の舞踏室、ビジネスセンターやジム、プールも完備している。 ミャンマーでは今後、外国人観光客が増加することが予想され、またヤンゴンはこれから商業的にも金融的にも発展の余地が多くあるので、この動きはヒルトン側から楽観的に捉えられている。 ヤンゴンへの航空便の増加や多国籍企業の進出、海外投資の増加などの要因によって、出張でミャンマーへ訪れる人が増えることが予想されるので、商業地区とのアクセスの良さは理想的と言えるだろう。 現在、ミャンマーには3つのヒルトンホテルがあるが、今後、Hilton Times City Yangonに加えて、さらに2つのホテルを開業に向け、開発している。 【Myanmar Business Today 24th Jan 2019】

キャッシュレス決済をヤンゴンバスに6ヶ月間導入

ヤンゴンバスは来月からの6ヶ月間にわたって、ヤンゴン市内の2000台のバスに、その後9ヶ月間にわたり、別の4000台のバスにカードによる支払いを使用する見込みだ。 これを導入することで、無賃乗車や裂けた紙幣の利用などからなるバス会社の利益の損失と運転手の乗客に対する注意を減らすことができる。 現在使用されているバスは1つしか扉がないため、キャッシュレス決済には適さない。そのため、最初に2つの扉を備えた新しいバスにこの機能を取り付ける予定である。 これが導入されれば、コンビニエンスストアや銀行でも利用できるようになるだろうが、最終ゴールはスマートフォンを使ったカードレス決済を導入することだ。 この導入に際して、15年前に中国で用いられていたバスの技術と外国の専門家の協力のもとで行われる。 ヤンゴンのバス会社も700万ドルもの資金をこれに投資し、ヤンゴン地域政府とも連携の動きを強めている。 【Myanmar Business Today 27th Feb 2019】

海外のビジネスリーダー、ミャンマーへの投資の呼びかけに参加

この契約にはイギリス、アメリカ、オーストラリア、イタリア、ドイツ、フランスが調印した。この公開状では長年、孤立していたミャンマーが現在の貿易の需要に追いつくためには海外直接投資が大きな役割を果たし、ミャンマー国内の環境、社会、経済の安定性を高めることを強調した。 また、西洋の経済がミャンマー経済の成長に大きな影響を与えることは確かだが、輸出によって海外から多額の関税を得ているミャンマーに対して、ブリュッセルは最近、北ラカインの人権侵害問題を受けて、ミャンマーとの貿易を終わらせることを検討している。 ヨーロッパの会社による昨年の12月の調査では、景況感のここ3年間における低迷を示した。 ミャンマーでは現在、孤立主義やロヒンギャ問題によって、国際的に後ろ向きな評判があるが、それよりも海外から強力な援助を得ることが重要なため、これから先、2年間の経済をうまく回すために政府は現在、海外ビジネスとの連携に取り組んでいる。 【Myanmar Times 8th Feb 2019】

ミャンマー中央銀行、円と元のクロスボーダー決済を許可

1月30日に発表された指令によると、ミャンマー中央銀行は今、中国と日本の通貨をクロスボーダー決済とクロスボーダー送金を導入しようとしている。 円と元の導入に対して地元の人々は肯定的な態度を示している。というのもこれは国内市場におけるUSドルへの依存を減らし、ドル相場の急な変動を安定させることができ、中国-ミャンマー間における支払いを効率化し、ドルに依存してきたミャンマー経済に大きな影響を与えるからである。 すぐに銀行間の決済に導入され、いずれは個人口座にも適用される見込みだ。 さらに『ドル市場は強力な市場であるため、短期的に見れば、特に大きな下落はないと予想しているが、長期的に見れば、元が将来、国際通貨になりうるので、連邦準備制度によって利子率が引き上げられても、国内ドル市場の急増を減らすことができる』という見方もある。 中央銀行のこの決定を受けて、地元の銀行に対して、国際決済や清算、クロスボーダー決済のために講座を開設することを許可したが、まだ個人用と企業用の口座は含まれていない。 【Myanmer Business Today 25th Feb 2019】

ミャンマー中央銀行、円と元のクロスボーダー決済を許可

1月30日に発表された指令によると、ミャンマー中央銀行は今、中国と日本の通貨をクロスボーダー決済とクロスボーダー送金を導入しようとしている。 円と元の導入に対して地元の人々は肯定的な態度を示している。というのもこれは国内市場におけるUSドルへの依存を減らし、ドル相場の急な変動を安定させることができ、中国-ミャンマー間における支払いを効率化し、ドルに依存してきたミャンマー経済に大きな影響を与えるからである。 すぐに銀行間の決済に導入され、いずれは個人口座にも適用される見込みだ。 さらに『ドル市場は強力な市場であるため、短期的に見れば、特に大きな下落はないと予想しているが、長期的に見れば、元が将来、国際通貨になりうるので、連邦準備制度によって利子率が引き上げられても、国内ドル市場の急増を減らすことができる』という見方もある。 中央銀行のこの決定を受けて、地元の銀行に対して、国際決済や清算、クロスボーダー決済のために講座を開設することを許可したが、まだ個人用と企業用の口座は含まれていない。 【Myanmer Business Today 25th Feb 2019】

ヤンゴン交通管制センターがテスト中

ヤンゴン交通管制センターが、現在テスト中だ。品質判定委員会は交通管制センターのコントロール室で使われている機械やテクノロジーの効果を判定している。 このシステムは昨年の中旬に設定し終わる予定だったのだが、2018年の終わりにオペレーションを始めた。システムは今年の3月に効果を判定するためにテストされ、その弱点や改善点を見つけ、アップグレードを行う作業が行われる。 交通管制センターの役員によると、システムの中ではYBSをチェックすることもでき、YBSのスピード違反などを取り締まることができる。また、同センターはデータを集めるために700個以上のカメラを設置した。さらに交差点に設置されたカメラを通して、Eポリスが交通違反や偽造ナンバープレートを取り締まったり、渋滞や交通状態をモニターすることが可能になる。 【Myanmar Business Today 13th Feb 2019】

City Martが都市投資基金開設のためにSandanilaと提携

ミャンマー企業であるCity Mart Holdings Co., Ltdは、ミャンマーのSME食品製造業に関する投資に特化した、City Investment Fundを開設するために金融仲介会社であるSandanilaと提携したことを発表した。 DealStreetAsiaの投資基金設立の目的は、技術発展補助と許容範囲を広げるようにできるようになること、より広い市場に出るための市場戦略を練ること、生産物の品質向上改善のためであると、City Mart Holdings Co., Ltdのビジネス開発課長であるHtet Htet Khaing氏は述べた。中小企業に向けてのそれぞれ投資基金の投資額は50,000ドルから250,000ドルほどを目標に据えている。 1996年に始まったスーパーマーケットチェーンであるCity Mart Holdingsは、薬局(City Care)や本屋(City Books & Music and Safari Book store)、プレミアムスーパーマーケット(Marketplace)、大型ショッピングモール(Ocean Supercenter)、さらにカフェの(Seasons Bakery & Cafes)などの多くのグループを持つ。 【Mizzima 7th Feb 2019】

水力発電プロジェクトの商取引の合意が締結

ミャンマー電気・通信省は電力購入協定(Power Purchase Agreement, PPA)を、Upper Baluchaung水力発電プロジェクトの担い手であるNeo Energy Oasis Co., Ltd と結んだことが明らかになった。PPAのおかげで、3年以内には国内に電力を供給できる基盤ができるだろうと、電気エネルギー大臣のU Win Khaing氏は述べた。 2011年に始まったUpper Baluchaung水力発電プロジェクトは現在進められている真っ最中であり、45.5%完成した状態である。現在は2つの発電所が建設されていて、合計発電能力は30.4メガワットである。設計上、1年に発電できる総計は1億3400万4820キロワットである。 このプロジェクトは経済と国の発展に貢献するだけでなく、プロジェクトに関わる約500人の雇用も生み出した。このプロジェクトの収益の一部は環境保全のために使われる予定である。 【Myanmar Times 1st Jan 2019】

Mytelが500万人以上の利用者を獲得

ベトナムのViettel社との合弁会社であるMytelは、ミャンマーでのサービス開始から8か月で、500万人もの利用者を獲得することに成功し、このことがベトナムのニュースで報じられた。Mytelはもともと今年中に1000万利用者を獲得することを目標に据えていた。Mytelはすでにミャンマーにおけるネットワークプロバイダーの中で4番目の規模を持っている。 Mytel の合弁会社であるベトナムのViettel GlobalはMytelのサービス開始前の2018年時点で200-300万の顧客獲得を目標として設定していたが、開始から1か月で目標を400万に変更し、Mytelは2019年以内に収益が黒字になることを予想した。携帯電話利用者の調査によると、90%以上のミャンマーのモバイルユーザーが、Mytelのサービスに満足しているという結果が出た。 【Mizzima, 7th Feb 2019】

ティラワSEZにスマートシティの建設

ティラワ経済特区管理委員会は、スマートシティの建設のために、外国のディベロッパーを呼び込むことを計画していることを明らかにした。日本はこのプロジェクトの草案を提出し、プロジェクトは年内に終わる予定である。 スマートシティプロジェクトはティラワに商業施設や学校、住宅などを建設するもので、ティラワで働く人々にとって住みやすい街を作ることを目的としている。また、ティラワ経済特区は日本のODAによるローンを使ってさらなる発展を計画している。3月から、日本のODAによるローンを使って、ポートNo.25と26は日本の技術を使ってアップグレードされる予定である。また、東南アジアへの輸出路としての4車線道路もまた建設中である。 ミャンマー政府は現在、Thilawa SEZ Holdings Public Co., Ltd とThilawa Property Developmentの協力を得てティラワガーデンシティをも建設中である。ティラワへの外国投資は15億ドルに達し、このゾーンは1万5000人の雇用を生み出した。 【Global New Light of Myanmar 19th Jan 2019】

ヤンゴンニューワールドプロジェクトが2021年に完成予定

中国建設エンジニアリング協会と、Zaygabar社が、60-40の投資比率で、5万ドルを投資して行われるヤンゴンニューワールドプロジェクトを牽引している。 このプロジェクトはMya Yeik Nyo ホテルがある場所の近くの土地で行われる。中華人民共和国の代表主席大臣であるHe Bao Xiang氏他がミャンマーを訪れ、ヤンゴン都市開発委員会(YCDC)とともにこのプロジェクトを進め、MICからの承認を受けた後にプロジェクトを進める予定である。 また、Zaygabar社はZhejiang Luding Investment Co., Ltdと協定を結んだうえ、12億ドルをかけてアウンミンガラ高速道路の近くに大型ショッピングモールも建設する予定である。現在ミャンマー投資委任員からの承認を待っている状況である。 【Myanmar Business Today 9th Jan 2019】

ラカイン州の発展を目指す投資増加の努力が行われる

ラカイン州の観光業、農業、漁業への投資を増やすことを目標として、2月にラカイン州南部のンガパリーで投資フェアが開かれることを、ラカイン州主席大臣のU Nyi Puga氏が明らかにした。この投資フェアは3日間にわたり、日本政府の補助も加わって2月21日から行われる。 観光業に関しては、ンガパリービーチ周辺のホテル建設やその他の観光産業活性化のために投資の需要がある。漁業については魚の養殖施設の発展と工場までの配送の流れの改善に関してさらなる投資が求められる。農業への投資需要は農業技術、農地購入などに見られる。 ラカイン州の投資需要はラカイン州北部地域のミャンマー国軍と武装勢力の衝突から問題提起された。紛争問題は州北部のみでの問題であり、州全体が北部と同じように見られてはならない。また、紛争の解決の糸口の一つとして、投資による経済発展は効果的だという見方が同氏からなされている。 【Myanmar Business Today 21st Jan 2019】

YBSがカードでの支払いサービスを開始予定

YBS(ヤンゴンバスサービス)が、現金での支払いの代わりにカードでの支払いサービスを導入開始することが発表された。 OK DollarとAnypayが決済システムに使われる予定である。カード決済はまだまだ普及しているわけではないが、ゆくゆくはすべてのバスで使用できるようになる予定である。9か月のうちに、少しづつカード決済に移行を進めていく予定である。また、Asia Starmar Transport Intelligence CompanyがYPS(ヤンゴン決済サービス)の責任を負う。 最初の3か月は決済機の輸入を行い、備えつけに3-5か月ほどかける予定である。そして最後の3か月で、カード決済の操作システムの調整を行う。4000以上のバスでカード決済が使用できるようになる予定である。 【Global New Light of Myanmar 17th Jan 2019】

韓国が投資家の増加を見越して新商工会議所を開設

ミャンマー韓国商工会議所(MKCCI)は12月、ミャンマーの最新の公式ビジネス組織となった。この組織は韓国のKEB Hana BankやYulchon LLCなどを含む有名企業13の基礎メンバーと76の各国のメンバーから成り立つ。 DICAの局長であるU Aung Naing Ooは、韓国とミャンマーは経済的に重要なパートナーであることを強調した。1988年にミャンマーが対外解放した際に、最初に外国投資を行ってくれたのは韓国であると彼は続けて述べた。 韓国による投資は製造業、インフラ業、建設業、卸売業、フランチャイズ、医療ビジネスにおいて盛んである。韓国土地・建設協会はフレグ―に工業地域を建設し、ダラ橋の建設も進む。さらに韓国小売り業界は東アジア諸国から投資先として注目を集めている。 【Myanmar Times 31th Dec 2109】

輸入品の価格高騰に伴い、ミャンマー国産品の需要が高まる

1月4日- 6日にかけて、カンドージー湖において国産製品の販売イベントが開かれた。企画の主催者は、「ミャンマー製品にも輸入品に劣らない品質の製品は多くある。それら製品の認知度を高めるとともに、起業家たち等が新しいアイデアを生むきっかけになってほしい。」という。地元起業家たちの間での問題として、製品の認知度がある。質が輸入品に劣らないものでも、消費者は海外ブランド品を買う傾向があるという。また事業規模ノック代が難しいのも問題だ。輸入品に比べて高価な国産製品の多くは、需要が少なく大規模生産ができていないものだ。需要さえ高まれば大規模生産で価格を抑えられるという。 イベントの結果としては、主催者予想より70%も多い人々が訪れたという。外貨為替レートの高騰により輸入品の価格が高騰していることが、ミャンマー製品への需要を高めこの参加者の増加につながったのだという。イベント出展店の店主らも、多くの製品が売れるとともに認知度が高まったと述べた。 【Myanmar Times 8.1.2019】

新タンリン橋プロジェクトが前進

バゴー川にまたがってヤンゴンとタンリンを結ぶ新タンリン橋建設のためのJICAからのローンが承認されたことを、ミャンマー国会上院議員のU Lwin Ko Lattが明らかにした。JICAの最初の分割ローンの一回分の額は3600万USドルである。次回以降の分割ローンの支払いは1年ごとに行われる見通しである。 橋の建設によってタンリン地域の都市開発につながることが期待されている。新橋が完成すれば、既存の橋は規制付きで使われる予定である。 韓国出資によって行われているダラ橋の建設が遅れているのに対し、このプロジェクトはJICAによるローンによって成り立っているので、ミャンマー議会が常に監視をしている。U Lwin Ko Lattは橋の建設を早急に終了させ、利益を得た後にローンを返済するべきだという考えを示した。 【Myanmar Times 4th Jan 2019】

ミャンマーの看護訓練生が日本に到着

1月7日、外国人訓練プロジェクトの一環として、初のミャンマー看護訓練生が日本の北海道空港に到着した。彼らは日本の労働力をさらに増強させてくれるだろうと期待されている。 この訓練プロジェクトは1993年から、発展途上国の人々に様々なスキルを教えることを目標に開始された。同時に、出生率が低下し、労働力不足に苦しむ日本にとって、外国人労働力の導入はこの問題解決の糸口の一つにもなっている。同プログラム下で、日本はインドネシア、フィリピン、ヴェトナムと、看護機器の無料の交換に同意して受け入れを行ってきた。 訓練生たちは日本の国家試験に合格することができれば、そのまま日本で働き続けることができる。日本は労働者不足を解決するため、今後も外国人労働者の導入を続けていく見方を示しており、外国人労働者のための新ビザを4月から導入する予定である。 【Myanmar Business Today 8th Jan 2019】

ダラ橋が2021年に完成予定

ヤンゴン市とダラ管区を結ぶ、ミャンマー・韓国友好橋として知られるダラ橋の建設がついに進むことが、建設省とヤンゴン市政府の発表により明らかになった。 建設省は先月、橋の地面の掘削開始セレモニーを行った。ダラ橋の建設は6年間遅れていた。一番最初にダラ橋プロジェクトの計画が立ち上がったのは前テイン・セイン大統領が韓国訪問した後の2012年5月だった。しかし建設省と交通。通信省下にあるミャンマー港湾組織の同意が得られなかったために計画が遅れていた。 橋が完成すれば交通状態が改善され、ダラ管区の都市化発展にもつながるとの見込みである。韓国の投資家たちはダラへの投資に興味を持っているとの見方が強まっている。 【Myanmar Times 31th Dec 2018】

YOMAグループが債券発行によりたい投資家から資金調達を図る

YOMAが23億THB(7000万米ドル)の資金調達のため社債発行を計画している。ランクはトリプルAとなる模様である。YOMAはタイ証券取引委員会との最終文書を記入後、社債が有効になるという。YOMAは社債発行による収益を現在の負債の解消や業務の資金支出の補填に利用する予定だ。現在YOMAは400億米ドルの複合開発プロジェクトを進行中である。また先月には新大規模住宅プロジェクト「City Loft」を立ち上げ、さらにKFCのフランチャイズ経営や重機械産業や電子マネー産業への進出も開始している。 2018/9までの半年間の歳入は7120万ドルで前年比20%up、利益は2倍の2100万ドルとなった。利益倍増の大きな理由はStar City Galaxy Tower 2,4の賃貸物件の売り上げであるとのことだ。現在YOMAは国内外から多くの融資を受けており、その額は2018年9月末で3億米ドルを超える。昨日のYOMAの株価は最終的に34.5セントシンガポールドルとなり、市場価値は6億3350万米ドルとなった。 【Myanmar Times 11.01.2019】

投資機会は近々起こる入札・契約規制の改善で上昇する

石油・ガス部門は今年前期に予定されている国際入札により盛り上がると言われている。石油・エネルギー省の役人によると、同省は生産物分与契約(PSC)を改訂しているところだという。沖、深海領域に関して投資家により解放しようとしているのだ。未だ投資家は同国の開発・生産プロジェクトを引き受けた時に高いリスクを負わなければならず、契約内容も利益が薄いものとなっており投資の障害となっていた。従来のようにミャンマー側が高い配当を得るのではなく投資家との配当を50-50にすることで、海外投資を促進しようとしているのである。 ただこの改革が実行されたとしても海外大企業が来るかは分からず、特に西欧企業はラカイン問題もあり見込みが薄いと、国内の石油ガス会社のKyaw Kyaw氏は言う。ASEANを中心とした海外中小企業ばかり、ミャンマーに与える利益が大企業よりも比較的乏しい企業ばかりが入札に参加する可能性は十分にある。 その可能性は否定できないものの、それでも専門家たちはこの急成長を遂げているミャンマー市場への期待は高く、海外投資家たちも大いに興味を持っているだろうと考えている。 【Myanmar Times 4thJan 2019】

投資機会は近々起こる入札・契約規制の改善で上昇する

石油・ガス部門は今年前期に予定されている国際入札により盛り上がると言われている。石油・エネルギー省の役人によると、同省は生産物分与契約(PSC)を改訂しているところだという。沖、深海領域に関して投資家により解放しようとしているのだ。未だ投資家は同国の開発・生産プロジェクトを引き受けた時に高いリスクを負わなければならず、契約内容も利益が薄いものとなっており投資の障害となっていた。従来のようにミャンマー側が高い配当を得るのではなく投資家との配当を50-50にすることで、海外投資を促進しようとしているのである。 ただこの改革が実行されたとしても海外大企業が来るかは分からず、特に西欧企業はラカイン問題もあり見込みが薄いと、国内の石油ガス会社のKyaw Kyaw氏は言う。ASEANを中心とした海外中小企業ばかり、ミャンマーに与える利益が大企業よりも比較的乏しい企業ばかりが入札に参加する可能性は十分にある。 その可能性は否定できないものの、それでも専門家たちはこの急成長を遂げているミャンマー市場への期待は高く、海外投資家たちも大いに興味を持っているだろうと考えている。 【Myanmar Times 4thJan 2019】

デジダル産業界が急激に変化している

スマートフォンが、ユーザーが何のアプリを一番使用しているか、何時間使用しており休息をどの程度取ったほうがいいなどを示してくる。また親が子供にスマートフォンを使わせることもあるため、子供に対する制限機能をつけたりもしている。Huawaiの営業担当者の話によれば、都市の人々は1日4〜5時間使用しており、外出が以前に比べ減少しており特に子供にとって好ましくないという。現在携帯会社は、消費者の生活バランスがもっと整うように、画面への長時間使用警告表示など技術面からの改善をしている。 政府もより市場の民主化を推し進め、2020年までに人口の90%が携帯を入手できるといわれている中、デジタルリテラシーやセキュリティがより重要になってくる。セキュリティなどの改善と共に、電子支払いビジネスが徐々に発展しており、KBZ bankも昨年12月にスマートフォンアプリでの電子支払いサービスを開始した。 【Myanmar Times 2.1.2019】

橋建設計画によりダラの不動産価格が激しく変動している

2018年12月24日にダラとダウンタウンを結ぶ橋の最終的な建設許可が下りたことにより、ダラの不動産価格が急騰している。3年半の建設計画で、完成すればダラとダウンタウンとの交通が格段に容易となる。最初に建設計画が持ち上がった2012年、土地や事前測定の問題で計画は頓挫した。しかし現在、地元民はダラの発展を期待するようになり建設計画の再開が起きた。 建設決定によりダラの土地価格は上昇している。中国をはじめとした企業が事業用地を確保しようとしたり、地元民が都市の中心部から離れた静かなところに住居を求めたりしているのだ。土地価格は開発セレモニーが行われた後、従来の価格の2倍となっている。現在のメインロード周辺の土地価格は上がっていないが、橋に近いところや建設後発展が見込まれる道路周辺の価格が急騰しているのだ。 橋が建設されればダラは第2のヤンゴンになると言われている。 【Myanmar Times 7.1.2019】

経済成長のためには海外投資制限の緩和をすべきである

韓国の木材取引会社MKCCIのLee氏は、ミャンマー政府は海外直接投資の増加のために努力しているが、今後の経済成長には海外投資への差別、制限を解消することが必要であると述べる。 韓国投資家は従来のように労働集約型の繊維業に加え、インフラ整備や製造業にもより興味を持ち始めているという。EUからの特恵関税の廃止への懸念、また各種インフラの未整備による事業開発の難しさへの懸念などは大きいものの、それでも投資意欲は高い。しかし各種制限が投資意欲を削いでしまっているという。金融業界を例にとってみると、外資銀行は外資企業への外貨での融資しか行うことができない。またネピドーでは外資企業が土地や建物の不動産を担保として受け取ることすら禁止している。NBFIsの外資による所有も禁止である。その他食品加工業界などでは、ビスケットやヌードルなどの穀物加工製品の製造は現地会社との合弁会社に制限されている。 こうした状況の是正が海外投資の促進に結びつくと言われている。 【Myanmar Times 7.1.2019】

中国とミャンマーが米・トウモロコシの貿易を契約

中国とミャンマー両国のトレーダーが、ミャンマーと中国の国境地帯で合法的に栽培・収穫された1万5千トンの米と1万トンのトウモロコシを、中国側が購入するという契約を結んだことが、ミャンマー貿易促進組織の報告により明らかになった。 11月には、雲南政府が5万5千トンのミャンマー産の米を購入するということに同意する覚書をミャンマー商業省と結んだ。しかし、米の輸出は中国の中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)の合意が得られて初めて可能になる。10月の2週から、農産物の貿易はムセにおいて中国側の徴発によって停止していた。中国がミャンマーから農産物を輸入する際、基準量を超過すると税がかかってしまうため、徴発・押収が行われたのである。これは裏ルートでの中国への密輸の原因になっている。両国はこの地帯での合法での貿易を望んでいるため、関税の引き下げを希望している。 【Global New Light of Myanmar 22th Dec 2018】

2018年11月までの国内投資総額は1兆8000億チャット、不動産が最も投資を集めている

ミャンマー国内投資額は1994-95会計年度から2018年11月までで総額1兆8000億Ks(現在のレートだと約1200億円)であると、ミャンマー投資委員会は発表した。2018年11月時点で1502企業が11部門への投資を許可されている。その中で不動産は全体の23%に当たる4165億Ksを77企業から投資されている。製造部門が835企業から3264億Ks、サービス部門が2834億Ksと続いている。 国内投資は今年、近年に比べて増加したとDICAの担当者は言う。2016-17会計年度では1572億Ksだったのが、2017-18会計年度では3978億Ksとなった。ミャンマー投資法に基づき、地方政府の投資委員会は500万USDに満たない投資を許可する権利が与えられ、投資計画の検証が簡易化された。ただし500万USDを超える投資計画に関してはDICAの許可が必要である。素早い事業開始がミャンマーでできるように、政府は改善を進めているところである。 【Global New Light of Myanmar 26.12.2018】

ミャンマー保険市場、外資開放へ向かう

計画財務省は2日、ミャンマー保険市場で営業を希望する国内外の企業に対し、関心表明と提案依頼を求める声明を発表した。 現行の法律では、政府の承認を受けている計画財務省が、保険の引受、仲介事業の営業を希望する企業に認可を出しており、ミャンマーの保険業界発展のため、2013年に11の事業者にライセンスが与えられた。 保険業界自由化のためのロードマップはすでに政府が承認済みで、経済発展のための投資の呼び込みや、銀行以外の金融機関の発展が期待されている。計画財務省はローカル企業に対し生命保険とそれ以外を分けることを義務付け、外資参入のための準備を進めてきた。 声明によると、ロードマップに従って以下のライセンスが施行される。 (a)生命保険会社  Option1 : 外資企業に3社まで100%出資の子会社による市場参入を許可。  Option2 : 地元企業と合弁会社を設立することができる。 (b)生命保険以外の保険会社  地元企業と合弁会社を設立することができる。 【Global New Light of Myanmar  3rd Jan 2019】

ヤンゴンーピイ鉄道改修プロジェクトの国際入札 来年にも実施

国営ミャンマー鉄道は、ヤンゴン-ピイ鉄道の改修のための国際入札を、8~9ヶ月以内に実施すると発表した。工事は2020年または2021年に開始され、完成まで3年が見込まれている。 ヤンゴンーピイ鉄道はミャンマーの主要鉄道の一つである。プロジェクトの総額は2億USドルになる見通しで、アジア開発銀行、ヨーロッパ投資銀行から融資を受ける。また、オーストリアからコンサルタントを採用する。 11月にはヤンゴン-マンダレー鉄道のプロジェクトが開始され、Max Myanmar Constructionと日本の鉄建建設、りんかい日産建設の合弁会社が工事を勧めている。またヤンゴン環状線沿線の駅の改修も進められており、2030年の完成を見込んでいる。 こうした計画があるにも関わらず、ミャンマーの鉄道網に対する投資はGDPのわずか1.5%に過ぎない。 【Myanmar Times  19th Dec 2018】

1年後に個人信用調査機関が開設の見通し

ミャンマーの銀行のサービスの質を高めるため、現金のデータを集め、現金のデータを提供する個人信用調査機関を開設することをミャンマー個人信用調査機関の代表であるU Zaw Lin Aung氏が述べた。信用がおけるローンを提供することにより、より大きなビジネスの可能性を与えてくれるだろうことが予想されている。 ミャンマー個人信用調査機関は昨日、個人信用調査機関設立のため、ローンデータサービスを提供するというアメリカ系のEquifax New Zealand Services and solutions Ltdと協定を結びんだ。この合意のもとに、アメリカの会社は個人信用調査機関のソフトウェアをインストールし、1年後には貸し手と借り手の両方がより質の高いサービスを使うことができる見通しであると同氏は続ける。 ミャンマーでは借り手のデータや信用に関する情報が不足しているため、ビジネスの際にローンの使用までの道のりが遠かった。しかし、これを足掛かりにしてさらにローンの使用が広まることが見て取れる。 【Myanmar Times 12th Dec 2018】

AirAsia、今なおミャンマー進出を検討

格安航空会社Air AsiaのCEO、Riad Asmat氏は、同社が依然として、インドシナ地域の戦略の一環としてミャンマー進出を検討していると語った。 「ミャンマー、ラオス、カンボジアを含むインドシナ地域はAir Asiaにとって手付かずで、可能性に溢れた地域である。インドシナの開拓は我々のゴールである。」とAsmatは言う。上記三カ国については、現状はマレーシア航空がシェアの48%を占めている。 Air Asiaとすでに撤退しているFMI Airの間で、合弁で格安航空会社を設立するための協議が行われていたが、今年始めに打ち切られた。新会社は国内線、国際線の両方を運営すると想定していたが、ミャンマー当局は地場産業を守るため、国内線への参入を阻止し続けている。その後、FMIはFMI Airは航空産業から撤退し、これで業界から去った国内の航空会社は3社目となった。 様々な障壁があるにも関わらず、Air AsiaのCEOは「ミャンマー進出の計画は未だ持っている。あとはタイミングの問題である。」と語っている。 【Myanmar Times  20th Dec 2018】

ヤンゴン環状線リニューアル 2019年末までに完成予定

ミャンマー鉄道のゼネラルマネージャー、U Tun Aung Thinは、ヤンゴン環状線のリニューアルが2019年末までに完了すると発表した。プロジェクトは2018年12月21日に開始される。 プロジェクトは2つのパートに分けられ、西側の5.5マイルの区間をA1 Company、東側の7.25マイルの区間をShwetaung Companyが請け負う。工事は一車線ずつ行われ、運行本数は減らさない方向で調整が進められている。一時両車線とも封鎖される区間については、大体の交通手段を提供することも検討されている。 現在、ヤンゴン環状線の利用者は1日約8万人である。ヤンゴン地区輸送当局長官のU Hla Aungは、「環状線の利用者を呼び込むためには、より多くの路線を整備する必要がある。」と述べた。 【Global New Light of Myanmar 19th Dec 2018】