News

カインでジェット燃料輸送車が炎上

Khit Thit Mediaによると、1月3日にカレン州のミャワディタウンを離れた後、2台の国軍所有のジェット燃料輸送車がアジアハイウェイで武装した人々に攻撃された。 両方の輸送車が炎上し、破壊されたと報道された。 攻撃による負傷者がいるか、どのグループが実行したかは不明。最近、軍用の燃料を輸送する燃料輸送車がゲリラグループの標的になっていることが頻発している。

電力料金の支払いを余儀なくされた公務員

Khit Thit Mediaによると、ヤンゴン地域のレグー郡区の職員住宅に住むヤンゴン配電公社(YESC)と灌漑水利用管理局(IWUM)の職員は、電気代の支払いを余儀なくされている。 市民的不服従運動に参加していたスタッフの1人は、軍隊が到着する前に知らされていたため、逮捕を回避することしかできなかったと報道に語った。 しかし、彼は軍が職員の所持品の一部を奪ったと付け加えた。

ミャイックの電力料金が11月、微妙に値上げ

Dawei Watchによると、タニンダーリ地域のミャイック郡区の世帯は、2021年11月に電力に対してkWhあたり478 MMK(0.27ドル)を支払った。 これは、10月のkWhあたり470MMK($ 0.26)から比較的わずかな値上げ。ミャイックの電力は、主にヤンゴンを拠点とするPetro&Transがディーゼル発電機を使用して供給していまる。 ミャンマー石油貿易協会が発表した数字は、通常ヤンゴンの価格に準じており、ディーゼルの平均小売価格は2月3日の1リットルあたり705 MMKから、10月27日の1リットルあたり1,480MMKの高値に上昇したことを示している。 11月25日には1リットルあたり1,295MMKとわずかに下落した。

Power China社が外国投資賞を受賞

Power China社は、電力エネルギー省から「外国投資の最高のパフォーマンス」に対して賞を受賞した。 同社のプレスリリースによると、チャウピューガスプラントの建設は2020年後半に開始され、今年8月、Power China社は、年末までにプラントの試運転を引き続き目指している。 12月24日のプレスリリースでは、Power China社はプロジェクトがいつ完成するかを明言しなかった。 開発の「目覚ましい段階」が達成されたとだけ発表している。

ヤンゴン-モーラミャインのバス・サービス数が減少

ヤンゴン-モーラミャインルートを運行する客車サービスの数は大幅に減少した、とバスの運転手がDVBに語った。 燃料価格の上昇が下落の背後にあり、同様のサービスの収益性に大きな打撃を与えた。 また、ルート上のセキュリティチェックが増加し、乗客になる可能性のある人々が旅行を思いとどまらせたことも要因である。

カレン国民防衛軍が週に1回ロイコー-ボーラケー道路を開通

1月2日のKNDF情報局によると、カレン国民防衛軍(KNDF)は、週に1回、月曜日にLoikaw-Demawso-Dawthamagyi-Bawlakhe道路を開通する。 12月1日早朝、KNDFは、追って通知があるまで道路の閉鎖を発表する声明を発表した。 KNDFによると、規則に従わない者には不特定の罰則が適用される。

Thakut River Bridgeの建設が完了

ミャンマー・アリンによれば、Thakut River Bridgeが完成した。 建設は、建設省傘下の橋梁局の建設タスクフォース-3によって実施された。 この橋は、ヤンゴン地域のダラ郡区とカウムー郡区を繋ぐDala-Thkut-Let Khoke Kone-Kanyin Kone 道路にある。 1991年に建設され、毎日約500台の車両が使用している既存の橋から移行する。

YCDCがヤンゴン-パテイン道路8.8km区間をアップグレード

Popular News Journalによると、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、ヤンゴン管区のヤンゴン-パテイン道路の8.8km区間の開発を計画している。 YCDCの関係者が報道に語ったところによると、自転車専用車線、歩行者用通路、バス停、公園が道路沿いに建設される。 不法占拠者は、当局はその地域を明け渡すように警告したが、代替住宅に関する情報を提供しなかったと述べた。当局はまた、不法占拠者に部屋を貸し出さないようにホステルなどに命じたと伝えられている。

CBMが大晦日前日に4500万ドルを売却

ミャンマー中央銀行(CBM)は2021年12月の最後の2週間で合計4500万ドルを売却。CBMは12月23、29、30日の3回にわけて外国為替オークションでそれぞれ1500万ドルを1USDあたり1778 MMKの平均為替レートで売却。Shwe Bon Thar Market 地域の非公式トレーダーによると、2021年12月30日にUSD/MMKの為替レートは非公式市場で1915 MMK、一方EURO/MMKは2060 MMK、SGD/MMKは1355MMK、100円/MMKは1650MMK、CNY/MMKが3000 MMK。

200企業が12月に登録抹消

投資企業管理局(DICA)の発表によると、12月に合計20万社が登録抹消。それぞれ100社を掲載した2つのアナウンスが12月17日、29日に発表された。DICAの通知によると、7月から10月の間に1200企業が抹消された。

Amataが95%収入減を記録

Amata Holding Publicは決算書によるとCOVID-19及び国の継続的な不安定さにより2020/21年度の総収入が2019/20年度の92億MMKより95%減少し、4億4750万MMKを記録。Amataはホテル運営会社であるUnited International Group (UIG)の株式の99.99%及び、6都市で15個の気球を所有するMyanmar Ballooningの51%の株式を所有。

旅客機フライト禁止が1月31日まで延長

民間航空局(DCA)は国際旅客便のミャンマーへの着陸禁止を1月31日まで延長。本措置はCOVID-19の流行を阻止するために2020年3月30日に最初に実施。これらの計画はオミクロン株の発生前に発表されたが、SACは新しい株の伝染性の高さに対する懸念が旅客機の再会計画にどの程度影響を与えるか、まだ具体的に言及していない。

New Mingala Marketが6月に完成

ヤンゴンのnew Mingala Marketプロジェクトが6月に完成するとヤンゴン市開発委員会(YCDC)がGlobal New Light of Myanmarと伝えた。プロジェクトはSun Myat Tun (SMT) ConstructionとYCDCとの合弁事業として実施され、680億MMK (4400万ドル)相当と報告されている。建設は現在40.5%完成していると言われており、2021年1月にYCDCが報告した完成状況とほぼ同じレベル。

JFMがK Tグループ、Ky-Thaグループへの制裁を求める

ジャスティス・フォー・ミャンマー(JFM)は12月25日に国軍への収入及び武器の流れを阻止するためにKTグループ、Ky-Thaグループ、その取締役及び株主に対する制裁措置を求めた。KTグループはロヒンギャへの集団暴行を助長した国軍に対して寄付をしたとして非難されている。2つのコングロマリットは国軍と深い繋がりがあるとされているKyaw Thaung家によって経営。

工業省と地元ディベロッパーが石炭火力セメント工場プロジェクトについて議論

工業省、アジアスクエアパワーグループはAyeyarwady地域の第32重工業工場(Kyangin) の操業のアップグレード及び再開の提案について話し合ったと12月8日にCity Newsが報じた。

ボイコットアプリにエネルギー企業を更に追加

抗議者によって利用されるボイコットリストに載っている製品や企業を追跡するアプリWay Way Nayがミャンマーのエネルギー部門に関与するいくつかの企業を含む、ここ数ヶ月でリストにあげられた多くの企業を追加。

Goldpetrolが2022年で2番目の油井掘削を開始

最大ステイクホルダーのInterra Resources によると、Goldpetrolは先週、開発油井の掘削を終了し、新たな掘削を開始した。

Total Energies社の株主はMOGEとの関係を解消を要求

ニューヨーク拠点の投資銀行Coast CapitalはTotal Energies社にMyanma Oil and Gas enterprise (MOGE)とのパートナーシップ終了を求めた。

12月建設資材価格がわずかに上昇

建設資材の価格が12月わずかに上昇したと資材供給業者がMyanmar Real Estate & Construction Monitorに伝えた。

銀行システムが建設業を妨害

Irrawaddy Burmeseによると建設業は現金引き出しのための銀行規制が続いているため、未だ経営難である。

ACTがミャンマーでの活動を停止

Irrawaddyによると、インダストリオールグローバルユニオン(IGU)とスウェーデンのH&M、スペインのInditex 、英国のPrimarkを含む20のグローバルブランド間の協定であるアクションコラボレーショントランスフォーメーション(ACT)はミャンマーでの活動を停止する。

商業省は輸入許可が必要な製品リストを追加

商務省は、MoCによると、輸入許可が必要な商品のリストに、6桁のHSコードを持つ1,428の商品と10桁のHSコードを持つ3,070の商品を追加した。

商業省が新年に自動車輸入許可申請の処理を再開

ミャンマーロジスティクスガイドによると、商業省(MoC)の貿易局が1月3日に自動車輸入許可申請の受付を再開することを示す部門間通知を車両販売センター調査タスクフォースに発行した。

ミャンマーは「ASEAN-カナダFTAの交渉において積極的な役割を果たす」

国家統治評議会の投資対外経済関係大臣Aung Naing Ooは、12月21日、ミャンマーがASEANカナダFTAの交渉において積極的な役割を果たすと述べた。

人民元、チャットは中国との国境貿易を許可

人民元またはチャットの使用は、二国間支払いおよび清算システムを容易にするために、中緬国境で公式に許可されている。

キリンがビール醸造JVの将来的な新たなパートナーを特定

キリンの磯崎功典社長兼最高経営責任者(CEO)は、日経アジアに、ミャンマーで新しい醸造事業に参入する可能性のある候補者のリストから、将来の新しいパートナーを特定したと語った。

中央銀行は輸出収益の取り締まりを継続

12月20日の発表によると、ミャンマー中央銀行は、2019暦年に307の企業が輸出収益を提出したと報告した。

中央銀行が食用油セクターを支援

ミャンマー食用油ディーラー協会(MEODA)によると、ミャンマー中央銀行は、食用油の価格を低く抑え、事業を支援するために、6つの異なる機会に外国為替オークションから合計3,000万ドルを売却した。

Justice For Myanmarが日本の銀行が軍隊を支援していると非難

Bank TrackとJustice For Myanmar(JFM)は、日本の銀行がミャンマー軍と関係のある企業を支援していると非難している。

Aung Mingalarバスターミナルで現場清掃作業が進行中

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)はAung Mingalarバスターミナルに新しい出発ターミナルの建設するための現場清掃作業を実施しているとThe Mirrorが12月11日に報告。

ミャンマー鉄道が旅客列車、貨物列車のスケジュールを拡大

ミャンマー鉄道(MR)は国内でのCOVID-19第3波が落ち着くのに伴い、旅客列車、貨物列車のスケジュールを拡大。 またMRは乗客数、貨物量に応じて、サービスを拡大し続けると発表した。

MetaがプラットフォームでのTatmadawが管理するビジネスを禁止

以前Facebookとして知られていたMetaのプレスリリースによると、同社は11月8日に有料広告の制限を拡大し、プラットフォームでのTatmadawが管理する全てのビジネスを禁止すると述べた。

作物トレーダーが輸送の懸念を報告

国際食糧政策研究所(IFPRI)は9月の調査で作物トレーダーの60%が輸送問題が事業運営に対する重大な混乱として挙げていることがわかった。

ソーラーウォーターポンプのテスト

Facebookページによると、Myanmar Eco Solutionsは最近ヤンゴン地域のThanlyin town某所でローレンツソーラーポンプPS1800 C-SJ30の試運転を実施。

軍事政府が補助金制度に基づき3000万トンの燃料を販売

Global New Light of Myanmarによると、ミャンマー石油貿易協会(MPTA)が考案した補助金制度に基づき、商業省(MoCOM)が2000万ドル相当の3000万トンの燃料販売を計画。

コングロマリットがシャン州流域の石炭採掘調査を開始

Shan Human Rights Foundation (SHRF)によると、Ngwe Yi Pale社はシャン州のHsipaw郡区のNam Ma地域にあるHo Na Fa流域で石炭調査プロジェクトを開始。

ミャンマー投資委員会が14の外国投資プロジェクトを承認

Global New Light of Myanmarによると、ミャンマー投資委員会(MIC)は農業、畜産、水産業、電力、その他のサービス部門への外国投資家からの14のプロジェクトを承認。

ミャンマー中央銀行局長が紙幣用紙の輸入を否定

ビルマ版のVoice of America(VoA)によると、ミャンマー中央銀行(CBM)の通貨管理局長であるU Win Myintは、12月7日にウズベキスタン航空の飛行機に紙幣の紙が輸入されたという報告は誤りであると述べた。

中国との国境貿易での人民元とチャットの使用許可

人民元またはチャットの使用は、二国間の支払いと清算システムを容易にするために、中緬国境で公式に許可された。

マイクロファイナンス委員会会議がパフォーマンスをレビュー

マイクロファイナンス監督委員会は、新型コロナ感染症のパンデミックの間、ローンを提供し、返済を延期することにより、200近くの認可されたマイクロファイナンス(MFI)と中小企業(SME)を支援してきた。

観光者の増加が発表されているにもかかわらず、ビーチホテルが売却へ

デイリーイレブンによると、人気のビーチのホテル経営者の中には、訪問者数が少なく、観光セクターの将来が不透明なため、物件を売却しているところもある。

ミャンマー鉄道がヤンゴン環状鉄道レール陸橋建設の入札を実施

ミラーによると、ミャンマー鉄道は、次の駅で高架道路とプラットフォームの建設に入札を呼びかけた。

上海建工が国立体育館(1)の改修を完了

シティニュースによると、12月15日、ティンガンジュン郡区のトゥワナにある国立屋内スタジアム(1)のアップグレード引渡し式が行われた。

工業省と地元デベロッパーがKyanginでセメント工場アップグレードを計画

産業省とアジアスクエアパワーグループは、エイヤワディ州の第32重工業(カンギン)工場の操業を再開し、セメント工場のアップグレードについて話し合った、とシティニュースが12月8日に報じた。

投資対外経済関係大臣が日本からの投資の再開を求める

投資対外経済関係大臣U Aung Naing Ooは日本政府にODAによる新たなプロジェクトの停止を止めるよう要請したと12月7日の日系メディアでのオンラインインタービューにて述べた。

Atrium コンドミニアムディヴェロッパーが利益分配紛争

Golden Yadanar Myaing Construction社の社長は企業の利益配分契約に関して共同投資家であるミャンマーのShwe Oo Daung Min Construction社からの訴訟通知を受けてAtrium コンドミニアムの所有権に関する説明を12月6日にThe Mirrorにて発表。

ングエサウンビーチのLa Villaユニットが完成

ングエサウンビーチにLa Villaを開発したiGreen Construction社は完成したユニットに対して特別な支払いプランを提供したとE-House Myanmar不動産サービスのセールスエグゼクティブがMyanmar Real Estate & Construction Monitorに語った。

ヤンゴンの150以上のホテルが安全なサービス認証を取得

ヤンゴンのホテル合計153件が安全なサービスプロバイダーと認定されたと、ホテル観光局長のU Nyo AyeがCity Newsに語った。

10月ASAローン回収が改善

ASA マイクロファイナンス ミャンマーを運営する ASAインターナショナルは9月と比較してローンの回収効率が向上したと記載される。

11月株式市場はさらに冷え込む

ヤンゴン証券取引所(YSX)で取引される株価は11月に株式市場で取引された7つの上場企業の45446株で2億1900万 MMKに到達。

キリンがミャンマービールとのJV解消に向けて仲裁を要請

日本のキリンホールディングスはミャンマービールとのJV解消をめぐり、ミャンマーエコノミックホールでディングス(MEHL)との紛争解決に向けて仲裁を求めた。

12月末に各社が年次総会

First Private Bankは第25回年次総会(AGM)を12月29日に開催。2019/20年度及び2020/21年度について午前10時からオンラインにて話し合う。

国軍が肥料工場のスタッフを追放

民主ビルマの声(DVB)によると、市民不服従運動(CDM)に参加している第3Kyaw Swar肥料工場の従業員は、強制的にスタッフ住居から退去させられた。

ポスコ社がShweオフショアガス田での設置作業準備

ポスコインターナショナル社は最近、Shwe沖合地域のA-1ブロックで沖合設置工事を実施する計画に先立って海員に通知を出した。

12月9日、電力会社が攻撃を受ける

先週、国内の少なくとも1か所の電力会社が爆撃され、他の1か所はソーシャルメディアで脅迫された。

サガインで軍用燃料給油車が攻撃される

Tigyaing人民防衛隊(TPDF)は、12月4日、サガイン管区Tigyaing群区で、食料とジェット燃料を運ぶ16台の軍用トラックを攻撃した。

税関はサービスプロバイダーにライセンスを更新するように指示

BETV Businessによると、税関局の検査および違法貿易防止局は、2022年3月1日から6月31日までの間に新しいライセンスを更新または申請するように民間の税関サービスプロバイダーおよび代理店に指示した。

Chan Mya Shwe Pyiターミナルの解体作業が開始

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の発表によると、12月2日にChan Mya Shwe Pyiターミナル内の建物の解体作業が開始された。

モンユワバスターミナルが操業開始

the Mirrorによると、サガイン地域のモンユワバスターミナルが1月4日に運行を開始した。

民間航空局がカレー空港でのフライト停止を命じる

民間航空局(DCA)は、ミャンマー国立航空(MNA)、ミャンマー国際航空(MAI)及びエアタンリンに対し、12月5日からサガイン管区カレー空港への往復のフライトを停止するように命令した。

ホテル当局はビーチサイドのホテル再開を報告

新型コロナ感染症予防ガイドラインに沿って、チャウンタービーチ及びングエサウンビーチで50件以上のホテルが再開。

ミャンマープラザがデモでの事件後のボイコットに直面

11月25日のミャンマープラザでのデモの事件で、多くの抗議者が負傷したと報告された。

Golden Hexagon社はKalawヴィラの販売を開始

Golden Hexagon社がKalaw群区の「 Maple Villa」と呼ばれる新たなヴィラプロジェクトの販売を開始した。

建設資材価格は11月も下落を続ける

米ドル価格に対してかろうじてチャット価格が上昇したため、11月の建設資材価格はわずかに下落した。

パクト・マイクロファイナンスは市場火災により影響を受けた顧客のローンを免除

Pact Global Microfinance Fund (PGMF)社はマグウェ地域のNatmauk Myoma市場で火災の影響を受けた顧客に対する未払いローン2,300万 MMKを超える額を免除した。

中央銀行が低い平均レートで100万ドルを売却

ミャンマー中央銀行(CBM)は11月30日に外国為替オークションで平均為替レート1米ドルあたり1,775 MMKで100万ドルを売却した。

2020/21年度の製造業輸出が18%減少

商業省のデータによると2020/21年度のミャンマーの製造業の輸出額は約82億ドルで前年度の約100億ドルから約18%減少。

警察がMAB支店強盗を逮捕

11月26日、警察はマンダレーのMAB支店の強盗に関与したとされる副部長と2名の副監督者を逮捕。

カヤー州で送電鉄塔が爆撃

11月25日、Daw Lo SheyとHsaw Hki Dawの間にある2つの送電鉄塔が、カヤー州のロイコー郡区で爆撃された。

カヤー州の一部で1ヶ月以上も電力が遮断

カヤー州のDemoso群区のほとんどの世帯は、9月の最後の週から電気と電気通信回線が遮断されている。

マグウェイで軍用燃料給油車が攻撃される

ミャイン人民防衛隊(Myaing PDF)とパコック人民防衛隊(Pakokku PDF)は、11月24日に軍隊によって護衛された約5人の原油バウザーを攻撃した。

3つの電力会社が攻撃された

人民防衛軍(PDF)やその他のゲリラグループは、主に請求書の収集と検針の取り組みを妨害する目的で、ここ数か月間、電力会社の爆撃している。

Yay-Mawlamyine Roadでのトラック事故で7人が死亡

Daily Elevenによると、11月11日の夕方、Yay-Mawlamyine RoadのHnitKayi村の入り口で、2台の車両が衝突し、7人が死亡、6人が負傷した。

民間航空局は国際線の禁止を12月31日まで延長

民間航空局(DCA)は、ミャンマーへの国際商用便の着陸の停止を12月31日まで延長した。

Yatanarpon Aviation Support社が解散

11月25日の取締役会で、Yatanarpon Aviation Support社が解散することが決定された。

ヤンゴン管区交通委員会はタクシー所有者協会を設立予定

ヤンゴン管区交通委員会(YRTC)は都市タクシー所有者協会を設立することを計画している。

星DBS銀行がサービス中断の国民統一政府の債権売却との関連を否定

シンガポールのDBS銀行は11月24日にデジタルサービスの中断がミャンマー国債の売却に関連していることを否定した。

国民統一政府のSpring Lotteryの商業的販売が終了

国民統一政府(NUG)のSpring Lotteryは月初に商業的発売が開始された後、11月25日に最初の販売期間が無事終了した。

環境活動家がラカイン切削運動に反対

Narinjaraによると、Shwe沖合地域でのPOSCOインターナショナルの今後の掘削計画にラカイン州の活動家が反対している。

電力オフィス燃料タンクを攻撃

先週、4箇所の電力オフィスで爆発が発生し、軍用の燃料トラックが破壊された。

タニンダリでの小規模な水力発電プロジェクトについて議論

タニンダリでの小規模な水力発電プロジェクトについて議論。

Human Rights Watchが投資家に軍事資金の停止を要求

Human Rights Watch (HRW)はミャンマーの海底ガス田の運営社へ軍が管理している事業体への支払いを停止するよう圧力をかけるよう投資家に求めた。

ミャンマーナショナル航空、Air KBZがタニンダリへのフライトを再開

複数メディアの報道によると、ミャンマーナショナル航空(MNA)は、11月19日からヤンゴン-ミャイック-ヤンゴンの毎日のフライトを再開した。

国家統治評議会がオートバイの後部座席に乗客を乗せることを禁止

国家統治評議会(SAC)は、ヤンゴン、タニンダリ、サガイン、カヤー、マンダレーの町で、乗客がバイクに乗ることを禁止した。

ミャンマーブリュワリーが清算手続きを開始

ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)は、Myanma Alinnの11月22日号に掲載された公告によると、ミャンマーブリュワリーを解散することを申請した。

カナダとASEANがFTA交渉を開始

カナダとASEANは、実質的に11月17日に開催された第10回ASEAN経済大臣-カナダ協議会議で自由貿易協定の交渉を開始した。

ヤンゴンの3つのホテルが安全衛生プロトコル認証を取得

ヤンゴン管区政府は、新型コロナ感染症の予防ガイドラインに沿って運営されているヤンゴン管区の3つのホテルに「安全なサービス」認証を付与したとMyanma Alinが報じた。

ネピドー開発委員会がネピドー・ミオマ・マーケットのショップハウスを販売

Facebookページによると、ネピドー開発委員会(NPTDC)は、ミオマ・マーケットでショップハウスを売却するための入札を開始した。

軍事クーデター以後、ヤンゴンの不動産販売は30%減少

ヤンゴンの不動産販売は、軍事クーデター以降、約30%減少し、賃貸市場は約60%減少している、と不動産業者はミャンマーの民主ビルマの声に語った。

シティロフトが新しいタワーの販売を開始

スターシティにあるシティロフトのFacebookページによると、8番目の住宅タワーの販売を開始した。

NUGがSpring Lotteryの開始を計画

NUGは11月30日に正式にSpring Lotteryを開始。

GGI Nippon Life が新たなリージョンオフィスを開設

ソーシャルメデイアに投稿されたアナウンスによると、今週GGI Nippon LifeはマンダレーにUpper Myanmar地域オフィスを開設。

Wave Moneyが追加料金請求をした仲介者を解雇

Wave Moneyは現金引き出しに追加料金を請求していた812人の仲介者を解雇した。

ヤンゴンで太陽光発電の屋上設置

先月Indigo Energyはヤンゴンで10kWpの太陽光発電の屋上設置を完了した。

ヤンゴンの900世帯で電力供給停止

現地メディアの報告によると、今週、電気代支払い拒否のため、電力がヤンゴンの900世帯で供給停止した。

日本がSAC外交官5名を承認

共同通信によると、11月12日SACが任命した5名の外交官を日本が承認した。

POSCOが12月にShwe掘削キャンペーンを開始

POSCO インターナショナルはShwe 沖合海域のA-1ブロックの掘削に先立ち、船員に通達した。

ヤンゴン-モーラミャイン鉄道セクションが爆撃

Dawei Watchによると、モン州パウン群区のムキイ村近くのヤンゴン-モーラミャイン鉄道区間の162/8マイルポストにある橋数125が、11月5日の20:00に爆撃された。

KSID社がミッチーナー駅エリアのアップグレードを提案

The Mirrorによると、ミッチーナー駅エリアのアップグレードに関する会議が、11月3日にカチン州政府事務所で開催された。

ダラ橋プロジェクト現場近くで爆発

爆弾は11月10日8:00にKannar RoadとLower Phonegyi Streetの角にあるLanmadaw General Administration Officeの近くで爆発した、とRFAミャンマーが地元住民の話を引用して報道した。