News

2月以降電力収入の損失が10億ドル超え

国家統治評議会(SAC)は2月1日以降の電気代の未払いにより約20兆MMK(11億ドル)の損失。

200以上のヤンゴンにあるホテルがパンデミックと軍の政権掌握を理由に閉鎖

ホテルは高い運営費及び利用者の大幅な減少により、閉鎖を余儀なくされている。

中国所有工場が注文の減少と不安定さへの懸念を伝える

中国国営のGlobal Times(環球時報)によると、ミャンマーにあるいくつかの中国所有工場はNUGの非常事態宣言後、注文停止を受けている。

大使館の土地売却計画についてNUGが声明

東京にある大使館所有の土地を売却しようとしているという報道を受けて、NUGは軍政による、いかなる公有地の売却は違法であるとNUGは明言した。

SACが反逆者の住居を差し押さえ

国家統治評議会(SAC)は反軍事的反政府勢力を受け入れていることが明らかになったヤンゴンの住宅を差し押さえると発表したと9月9日にBBC Burmeseが報じた。

一貫性のないガス輸出額を報告

Global New Light of Myanmarによると、ミャンマーは2020/21年会計年度の最初の9ヶ月でガス輸出により22億ドルの収入があった。

Yetagunの操業停止にも関わらずタイへのガス輸出は安定

タイのエネルギー省が発表した数字によると、タイへの平均ガス輸出は2021年の最初の7ヶ月で1日あたり6億8800万立方フィート(mmcfd)で横ばい。

米国と中国は国連総会からのSACのブロックを合意

米国と中国は、国家行政評議会(SAC)の代表者が国連総会(UNGA)に演説することを本質的に阻止することに合意した、と外交政策は正体不明の外交官を引用して報告した。

多数の反軍事アカウントが凍結

Dawei Watch9月15日の記事によると、Daweiの2つのKBZ Payアカウントは、民主化運動に関与したために凍結された。

農業開発銀行はJICAローンで2,000億Ks以上を貸付

財務省のウェブサイトでの発表によると、財務省は9月9日にJICAの2段階融資プログラムに関連する会議を開催した。

チャットがさらに下がり、中央銀行が取引バンドを削除

9月10日、ミャンマー中央銀行(CBM)はチャット関連の0.8%の直物値幅制限(取引バンド)を削除した。

イギリスがHtoo グループ及び U Tay Zaに制裁措置

イギリスはHtooグループとその創業者であるU Tay Zaに対して兵器の調達及びミャンマー軍の経済的支援をしたとして新たに制裁措置を発表した。

環境大臣がShweTaung社のセメント工場を視察

天然資源・環境保護大臣のU Khin Maung Yiが、マンダレー地域のタジ群区にあるApacheセメント工場を訪問した。

軍が経済回復計画を準備

国営メディアによると、国軍がここ数週間、ミャンマー経済回復計画(MERP)の準備に関する会議を開催した。

Golden Inno社が建設パッケージを発表

Facebookページによると、地元の請負業者であるGolden Inno社は一戸建て住宅と倉庫の建設パッケージの発売を開始した。

国民統一政府が宣戦布告

国民統一政府(NUG)は、軍政に対する宣戦布告を正式に宣言した。

独Metro社、ミャンマーからの撤退を発表

ドイツの卸売流通会社Metro社は、不安定なビジネス環境を理由に10月末でミャンマーでの事業を停止を発表した。

国民統一政府が7億ドルの予算を発表

国民統一政府(NUG)は資金調達の数ヶ月後、7億ドルの予算を発表する準備をしていると日経アジアが報じた。

ロシア系企業がミャンマーのエネルギー分野に関心を示す

メディアの報道によると、ロシア系企業はASEANとの第6回東方経済フォーラムでミャンマー経済の様々な分野で関心を示した。

国営石油企業が化学肥料工場運営に関するEolsを公開

ミャンマー国営石油会社(MPE)は4つの国営の化学肥料工場に関する作業及び運営に向けて2つの関心表明 (EoIs)を公開した。

8月の企業登録が減少

DICAのデータによると、企業登録が8月に再び減少し、1ヶ月でわずか360社しかなかった。

KBZが銀行強盗のターゲットに

シャン州KyaukmeにあるKBZ支店は最近の銀行強盗のターゲットとなり、銀行での武力事件の増加懸念を示した。

中央銀行が輸出収益の販売期限を短縮

ミャンマー中央銀行 (CBM)は9月3日付けで、輸出収益の預金残高を現地銀行口座に入金した日から4ヶ月以内にそれぞれの認可銀行に売却するよう要請。

Hayman社がデジタルローン申請を開始

8月20日の発表によると、Hayman MicrofinanceがGoogle Play Store,でこれまでにない多機能デジタルローン申請アプリをリリースする。

First Private Bank創業者が死去

First Private Bank (FPB)は創業者のDr. Sein Maungが8月30日に他界したと発表。

Mahar Bawgaが新たなオンラインローン申請を発表

ノンバンク金融機関に登録されているMahar Bawga Financeは8月17日に公務員、会社員、及び有給職の起業家を対象としたNBFIが提供するリンクからオンラインでローン申請できることを発表した。

Singapore Myanmar Investcoが暗号通貨への転換

Singapore Myanmar Investco (SMI)は消費者サービスから暗号通貨への転換を開始し、800の暗号通貨のマイニング-リグを注文した。

マンダレー、停電によって水不足

Daily Elevenによると、マンダレー市内のいくつかの区では8月27日から2日間にわたる停電によって最近水不足が発生している。

孫国祥が1週間のミャンマー訪問を終える

中国国営メディアは中国のアジア問題担当特使の孫国祥がミャンマーへの1週間にわたる滞在を終えたと8月31日に報じた。

進行中の新たな油井とChaukでの油井の完成

Interra Resourcesの最新情報によると、Gold petrol社はChauk油田で別の坑井開発の掘削を開始した。

太陽光発電の入札期限が10月に延長

国営のGlobal New Light of Myanmarで発表されたアナウンスによると、The Electric Power Generation Enterprise は先週後半に320MWの太陽光発電の入札期限を10月1日まで延長。

ミャンマー公共農業取引所がDayingone Marketで冷蔵開発を継続

ミャンマー公共農業取引所(MAEX)は、冷蔵施設と基本的なインフラ建設に引き続き投資すると、BETVビジネスが報告した。 計画された投資に関する詳細は不明。

NPTDCがThukha Taw Winの手頃な価格の住宅ユニットを引き渡す

8月27日のCity Newsによると、ネピドー市開発委員会(NPTDC)は、Zabu Thiri群区のThukha Taw Winの手頃な価格の住宅プロジェクトの一環として最近完成した3つの建物のユニットの引き渡しを開始した。

ヤンキンのアベニュー18コンドミニアムは2023年完成予定

ヤンキン群区のSein Lei May Yeiktha Streetにあるアベニュー18コンドミニアムは、2023年に完成する予定であると、営業担当者がMyanmar Real Estate and Construction Monitorに語った。

パテイン工業都市の幹部がプロジェクトの最新情報を提供

パテイン工業都市(PIC)のプロジェクトの事業開発ディレクターは、さまざまなコンポーネントの開発が多数の投資家から関心を集めていると、Myanmar Real Estate and Construction Monitorに語った。

Shwe Pyi Tan express boatサービスが再開

Global New Light of Myanmaによると、ラカイン州のShwe Pyi Tan express boat Minbya-Sittwe-Minbyaサービスはコロナ第3波のために閉鎖された後、8月24日に再開された。

工業省がミンジャン第1製鉄所の操業再開を図る

Global New Light of Myanmarによると、鉄鋼輸入の依存を減らすため、工業省 (MOI) がマンダレー地域のミンジャン第1製鉄所の操業をできるだけ早く再開することを計画している。

2隻のタグボートがミャンマー港湾局に納船

8月19日のGlobal New Light of Myanmarの報道によると、Union Resources & Engineering Company社 (UREC)によって建造された2隻のタグボートがヤンゴン港で迎え入れられた。

Myanmar MetalsがBawdwin鉱山の全株式を売却

パースに拠点を置き、オーストラリア証券取引所に上場しているMyanmar Metals (MM)は8月17日にシャン州北部のNamtu郡区にあるBawdwin lead, silver and zinc mineの全株式を売却したと発表。

サタパナ社がWave Moneyと提携

マイクロファイナンス企業サタパナ社は顧客がデジタルウォレットを通して返済できるようWave Moneyとの正式なパートナーシップを開始したと発表。

パクトマイクロファイナンスの融資担当者を襲撃

サガイン地域のYe-Uでパクトグローバルマイクロファイナンスファンド (PGMF)社 の従業員2人が襲われ、会社の資金170万MMK (約1,000 USD)が奪われた。

中央銀行が8月のドルオークションで2,800万ドルを売却

ミャンマー中央銀行 (CBM) はドルオークションを再開し、8月23日に平均レート1USドルあたり1,660 MMKで1,000万ドル、8月25日に1,663 MMKのレートで500万ドルを売却した。

中小企業開発銀行が認可銀行リストから削除

中小企業開発銀行 (SMED)は中央銀行による外貨取引を許可された貸し手の公式リストから除外された。

パベダンで植民地時代の建物が崩壊

パベダン群区の26ストリートにある植民地時代の4階建ての建物が、構造的な破損のために8月18日に倒壊したとThe Irrawaddyが報じた。

ティラワ工業地帯で爆発

8月22日、ヤンゴン地域のチャウタン郡区のティラワ工業地帯で爆発が発生したと地元メディアが報じた。

不動産デベロッパーがカマユ群区で商業ビルの販売

E-Houseミャンマーの最新情報によると、地元のデベロッパーiGreen Construction社は、カマユ群区のウウィサラロードにある3棟のビジネス施設中で2棟を販売している。

建材価格は8月も継続的に上昇

Sawbwargyigone卸売市場の建設資材店が再開したが、今月も建材価格が上昇し続けていると建設資材サプライヤーが語った。

2020/21年度の8カ月で燃料輸入が減少

ミャンマーは、2020/21年度の最初の8か月間で18億ドルを超える石油製品を輸入した。

カチンダムが最高水位に達する

気象水文学局の発表によると、カチン州のバモ群区にあるダペイン貯水池の水位が8月19日に最大に達した。

カチン州元エネルギー大臣を汚職で起訴

Global New Light of Myanmarによると、カチン州の元運輸・電気・工業大臣U Win Nyuntは、国家統治評議会より汚職で起訴された。

国軍がMOGE副社長を任命

国家統治評議会は、Aung Min氏をミャンマ石油ガス会社(MOGE)の副専務理事に任命した。

工業省がミンジャン製鉄所の操業を再開を検討

工業省は、鉄鋼輸入への依存を減らすために、マンダレー管区のミンジャン第1製鉄所の操業を再開することを計画している、とミャンマーのグローバルニューライトが報告した。

AMPS社がグリーンランドシティで土地、一戸建て住宅を販売

中堅デベロッパーAung Myin Pyae Sone(AMPS)Construction社は、エーヤワディー管区パテインにあるグリーンランドシティで土地と一戸建て住宅を販売している。

工業省がチャウセの工場、倉庫の投資家を募集

国営メディアThe Mirrorによると、工業省(MOL)の製薬・食品産業局は、マンダレー管区チャウセ群区にある工場と倉庫の建物をリースまたは共同投資する投資家を募集している。

パンライン病院がコロナワクチン接種センターを設立

Yoma Strategic Holding(YSH)の事業部門であるパンライン病院が、ラインタヤーおよびタンリン群区に新型コロナ感染症ワクチン接種センターを開設した。

マンダレーで燃料給油車が事故

8月9日、40万リットルのガソリンを運ぶ燃料給油車が、スピード違反のためにマンダレー管区タジ群区で事故を起こした。

アローン発電所がフル稼働

Toyo Thai Company Limited(TTCL)社のミャンマーガス発電事業からの収益は、2021年上半期に前年比で横ばいで、2,500万バーツ(750万ドル)であった。

マグウェ電気事務所で爆弾が爆発

マグウェ州の電気料金請求事務所で爆発が発生した。負傷者は報告されていない。

ペコン人民防衛軍が送電塔を破壊

人民防衛軍(ペコン)は、ネピドーの軍政への電力供給を妨害する目的で、2つの送電線タワーを破壊した。

中国が酸素ボンベと付属品の完成品での輸出を禁止

中国は現在、ミャンマーへの酸素ボンベと付属品セットの完成品での輸出を禁止している。

台湾駐在員がMAIチャーター便でミャンマーを出発

8月15日、ミャンマー国際航空(MAI)が運航するチャーター便で、合計71人の台湾市民と台湾に居住する8人の外国人がミャンマーから帰国した。

交通機関の閉塞により、パレッワの患者の避難が妨害されている

ミャンマー西部チン州パレッワタウンでの輸送を妨害している国軍は、新型コロナ感染症患者を治療する医師に影響を及ぼしている。

長安汽車がまもなくミャンマーに進出

重慶を拠点とする中国の国営自動車メーカー長安汽車は、ミャンマーにショールームとセミノックダウン(SKD)施設を開設する。

中国、開発資金600万ドルの契約署名

国家統治評議会(SAC)に任命されたワナ・マウン・ルウィン外務大臣と駐ミャンマー中国大使チェン・ハイは、8月10日にビデオ会議を通じて合意に署名した。

Wave Money社が毎月のアクティブユーザー半減を報告

軍事クーデターの前、Wave Money社は月に390万人以上の店頭月間アクティブユーザーの登録があった。

中央銀行は、紙幣廃止、銀行閉鎖の噂を否定

8月13日のBBCビルマへのインタビューによると、ミャンマー中央銀行(CBM)副総裁のU Win Thawは、CBMは民間銀行を閉鎖するための措置を講じていないと述べた。

中央銀行が一部のモバイル銀行口座を凍結

先週、KBZモバイルバンキングKpayの顧客のアカウントが凍結されたとソーシャルメディアに投稿された。

電力部門が2020/21年度第3四半期の投資首位

DICAが発表しMyanmar Energy Monitorが分析した数値によると、2020/21年度の第3四半期にミャンマー電力部門で合計24億ドルの投資が承認された。

暫定政府がMyitsoneプロジェクトで金の採掘を承認

74 MediaのFacebookページによると、一部の企業は物議を醸したMyitsoneダムプロジェクト現場のカチン州Tanphaye村の近くで金採掘事業を開始した。

コロナ第3波が圧縮天然ガス販売に影響

コロナ第3派の中で、ヤンゴンにある41の圧縮天然ガス(CNG)ガソリンスタンドのうち、30店舗のみが営業している。その以外は需要不足により閉鎖中。

462の市民団体が西洋政府に国営石油ガス社の制裁の働きかけ

462の市民社会組織(CSOs)からなる団体は外国政府に国営石油ガス会社 (MOGE)に制裁を課すことを要請する依頼書を提出した。

ヤンゴンの工場団地はコロナウイルス感染対策と共に稼働を継続

報道によると、新型コロナ感染症の急増により一時的な工場稼働を停止しているにも関わらず、ティラワ経済特区の41工場は7月の最終週の時点で操業を再開した。

Karzo社が衣料セクターにおける輸送混乱の影響を強調

ミャンマーのイギリス商工会議所は、大手トラック会社Karzo社の最高業務責任者Simon Howettのウェビナーを主催した。

セメントの国内生産が激減する中、輸入が増加

中央統計局(CSO) から入手可能な最新データによると、軍のクーデター後生産量が大幅に減少する中、3月のセメント輸入額は1,230万ドルに急増している。

ヤンゴンのショッピングモールで生活必需品販売店は引き続き営業中

Myanmar Real Estate & Construction Monitorの最新情報によると、ヤンゴンの個人所有のショッピングモールはコロナ感染拡大 第3波の中でも営業時間を調整しながら営業している。

FMI社は海外在住の取締役会メンバーを変更

ミャンマー証券取引所(YSX)に上場しているファーストミャンマーインベストメント(FMI)社は、8月2日、非執行取締役の1人とその代理取締役の両方が8月2日から辞任すると発表した。

権利擁護団体は国際銀行の暫定政権との関係を弾糾

権利擁護団体Bank TrackとJustice For Munichは、国際銀行やその他の機関投資家に対し、軍隊やその関連企業と直接関係のある企業から直ちに撤退するよう求めている。

ミャンマーメタルズ社がBawdwinプロジェクトを売却

ミャンマーメタルズ社は7月20日、2月の政治危機後3億ドルのプロジェクトの資金を確保することが困難であったことを理由に、ミャンマーのBawdwin銀、鉛、亜鉛プロジェクトの51%の株式を売却する予定であると語った。

中央銀行が外国為替取引ルールを修正

商業銀行は、為替レートを安定させるために設定された制限内で外貨を取引し、医薬品の購入に制限額よりも多くの外貨が必要な場合はミャンマー中央銀行(CBM)に通知する義務がある。

ミャンマーとタイの国境のカンチャナブリーが閉鎖

カンチャナブリーのタイ行政区は、新型コロナ感染症の蔓延に対する予防措置として、8月2日にミャンマーとの国境を閉鎖したとタイのPBSが報じた。

港湾局が8月に44隻のコンテナ船を受け入れる

ミャンマー港湾局(MPA)は、8月に44隻のコンテナ船を受け入れる。

モンスーン作物のためにシュエボゥ倉庫施設が稼働

2020年11月に完成した種子洗浄および倉庫施設は、今年のサガイン地域のモンスーン収穫期に稼働する予定だ。

マニプールの国境ゲートが緊急医療輸入のために再開

ノースイーストトゥデイによると、インドのマニプール州政府は、緊急医療用品の輸出を可能にするためにミャンマーとの国境を再開する予定だ。

Soil Build社はプロジェクトを一時停止

バハンタウンシップのRose Hill ResidencesのプロジェクトマネージャーであるSoil Build社は、コロナ第3波により住宅プロジェクトの一時停止を余儀なくされた。

ASEANがミャンマー特使を任命

ASEAN外相は8月4日、ブルネイのエルワン第2外務大臣をミャンマーの特使に任命したと発表した。

マーチャント・ラグジュアリー・コンドミニアムが来年完成予定

ムーンサンコンストラクション社は、ボタタウン群区のマーチャント・ラグジュアリー・コンドミニアムの最終工事を行っており、来年までに完成を目指している。

アダニが米国の制裁外の港湾に投資

アダニ港湾特別経済特区社(APSEZ)は、第1四半期の決算報告で、アローン国際港ターミナル2(AIPT 2)への投資は、米国財務省外国資産管理局(OFAC)が発行した制裁ガイドラインに違反していないと考えていると述べた。

モン州でガスパイプラインが爆撃

メディアによると、モン州タトゥンのウィンセイン村とSa Khan Gyi村を通過するガスパイプラインセグメントは7月27日に爆撃された。

水力発電施設の近くで地震が発生

最近、サガイン管区Thapenzeik貯水池の近くでマグニチュード6.3の地震が発生した。

POSCO社は11月までリグ契約を延長

POSCO International社は、Deepwater Nautilusリグが、シュエオフショアエリアで追加の掘削を実施する契約を延長したと、トランスオーシャンの7月の艦隊状況レポートが報告した。

チャウピューガスプラント建設が継続

パワーチャイナの発表によると、135MWのチャウピューガス火力発電所の建設が進んでいる。

洪水後、サガインで10の橋が崩壊

サガイン管区の10の地方橋はPaung Pyin郡区の洪水により崩壊した。

国軍総司令官は自身を新たな暫定政府の首相に任命し2023年8月に選挙予定

軍の最高司令官ミン・アウン・フラインは自身を新たな暫定政府の首相と宣言し、非常事態宣言の解除及び多党制の選挙の開催は2023年8月までにもたらされると明言した。

国際旅客機便着陸禁止措置が8月31日まで延長

運輸省は国際旅客機便着陸禁止措置を8月31日まで延長した。

チャウピュー経済特区管理委員会が法律サービスに対する関心表明を募集

チャウピュー経済特区管理委員会は同委員会への法律サービス提供について地元、地域または国際的な法律事務所からの関心表明を募集した。

Myanmar Citizens銀行が詐欺動画に対応

Myanmar Citizens 銀行(MCB)は8月1日、銀行が新しいオンラインサービスを提供する旨のフェイク動画がソーシャルメディアで広がっていると顧客に注意警告した。

AYA銀行が新たなコアバンキングシステムに移行

LinkedIn の更新によると、7月20日にAYA銀行が新コアバンキングシステムへ問題なく移行した。

中央銀行がクーデター以降現地通貨で9,380万ドル以上を売却

チャット安に対抗し、米ドル供給を増やすために、ミャンマー中央銀行(CBM)は9,380万ドル(1,480億MMK)以上を2021年2月から6月に売却した。

中央銀行が銀行セクターにおける外国人従業員に対する規制を発表

ミャンマー中央銀行(CBM)は8月2日に地元銀行での外国人従業員の人数の制限や、金融セクターでの外国人従業員に対する様々な規制など一連の措置を導入した。

ASA社が6月のローン回収の増加を記録

7月20日のプレスリリースによると、バングラデシュに拠点を置くASAインターナショナル社は軍事占領後の数ヶ月と比較してミャンマーの子会社から6月の収集効率が向上したと報告。