星DBS銀行がサービス中断の国民統一政府の債権売却との関連を否定

シンガポールのDBS銀行は11月24日にデジタルサービスの中断がミャンマー国債の売却に関連していることを否定した。

シンガポールを拠点に口座を持っっているDBSとPOSBのユーザーは11月23日にサービスが中断された後、影響を受けた。DBSのデジタルバンキングサービス中断がミャンマーの国民統一政府(NUG)による国債売却に関連しているという噂があったが、これは真実ではなく、DBSはそのような債権を売却していないと水曜日にツイートした。