Chan Mya Shwe Pyiターミナルの解体作業が開始

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の発表によると、12月2日にChan Mya Shwe Pyiターミナル内の建物の解体作業が開始された。

ターミナルのアップグレードは12月1日に開始される予定だった。
同プロジェクトは、ヤンゴンに本拠を置くコングロマリットであるJewellery Luck Groupと提携しているM Development Cityと呼ばれるグループによって主導されている。
解体工事を実施している請負業者は特定されておらず、工事のスケジュールも公開されていない。