中央銀行が大晦日前日に4500万ドルを売却

ミャンマー中央銀行(CBM)は2021年12月の最後の2週間で合計4500万ドルを売却。

CBMは12月23、29、30日の3回にわけて外国為替オークションでそれぞれ1500万ドルを1USDあたり1778 MMKの平均為替レートで売却。Shwe Bon Thar Market 地域の非公式トレーダーによると、2021年12月30日にUSD/MMKの為替レートは非公式市場で1915 MMK、一方EURO/MMKは2060 MMK、SGD/MMKは1355MMK、100円/MMKは1650MMK、CNY/MMKが3000 MMK。