サガインで電力料金の支払いを強制

Democratic Voice of Burmaによると、サガイン管区モンユワ郡区電気事務所の職員は、6月6日から強制的に電気料金を徴収している。 居住者は、すべての兵士が民間人に扮したにもかかわらず、職員が請求書を収集している間、9人の兵士によって護衛されていたと語った。 彼らはまた、世帯が過去4か月間に使用された電気の請求書を支払うことを余儀なくされたと述べた。

アイヤワディでミニグリッド開会式開催

国営のMyanma Ahlinによると、6月14日、Talent and Technologyが開発した2つのソーラーミニグリッドプロジェクトの開会式が、アイヤワディ管区Dedaye郡区の Yae Twin KoneとThan Date村で開催された。 SACに任命されたAyeyarwady管区首相Tin Maung Winと他の地域の大臣がイベントに出席。
今回のミニグリッド開設の結果、合計310世帯、3つの修道院、4つの学校、1つの診療所、および村内の603の街灯が電気を供給される。

一部のドライバーは、欠点に目をつぶってCNGを動力源とする車両を検討

タクシーの運転手は、ガソリン価格が上昇する中、CNGを動力源とする車両の使用をますます検討していると、Global New Light of Myanmarが報道。 「92RONの価格は2,265MMK(1.21米ドル)。 10,000MMK相当のガソリンを購入しても1ガロンを得るのも難しい。 燃料価格が高いため、一部のタクシー運転手はCNGを動力源とする車を探している」とタクシー運転手Ko Htay LinはGNLMに語った。 しかし、他のドライバーは、CNGステーションが少ないため、CNGを動力源とする車を使用するのは面倒だと指摘している。

ヤンゴン-バゴーバスが再開

Global New Light of Myanmarによると、ヤンゴン-バゴーバス路線は6月11日に運行を再開した。 ミャンマー貿易センター(MTC)は、燃料価格の高騰により、6月10日までヤンゴン-バゴーバスの運行を停止していた。

4月から5月の海上貿易が昨対9億5,000万米ドル増加

商業省のデータによると、ミャンマーの海を介した外国との貿易は、今年4月1日から5月27日までの間に37億米ドルで、昨年の同時期と比較して9億5000万ドル増加した。 2021年の同時期に海上貿易は27.5億米ドル。内訳は海上輸出は15億米ドルで、輸入は22億米ドルだった。 輸出と輸入が共に昨年の同時期と比較して増加している。

Lwejel国境ゲートを通じて輸出が増加

Global New Light of Myanmarは、カチン高速道路貨物輸送協会からの情報として、Lwejel国境ポスト経由で中国に商品を輸出する貨物トラックの数が先月2倍以上になったことを報道した。 協会によると、5月の最終週の約150台のトラックと比較して、ミャンマーからの400台の貨物トラックが6月上旬にゲートを介して中国に商品を輸出した。 報道によると、この増加は、中国のトレーダーが6月に大量の米、豆、トウモロコシ、唐辛子、玉ねぎを購入するなど、強い外需によるものである。

カイン-チャウンアクセス道路改修

国家行政評議会(SAC)は、カイン-チャウン経済特区のアクセス道路のアップグレード作業を実施するために18億2,000万ウォンを割り当てたと、社名不明の建設会社がDemocratic Voice of Burmaに語った。 車両が四季を通じて道路を利用できるように、アップグレードが行われる。
関係者によると、砂利舗装工事の入札が行われ、建設会社3社が既に入札を行った。今月初め、雨期による大雨によりアクセス道路が泥だらけになり、水浸しになり、貨物トラックが遅れ、トレーダーに損失が発生したことが報告されている。

Ayeyarwady防災部がの避難所プロジェクト最新情報

現在Ayeyarwady地域で緊急避難所12箇所が建設中または計画されていると地域防災部のディレクターであるSwee FrankがDaily Elevenに述べた。プロジェクトが完了すると、同地域の避難所数は最大134箇所となる。現在のプロジェクトはHinthadaの避難所が含まれる一方、2022/23年度に建設予定のDedaye郡区にある2つの村の避難所プロジェクトのための入札が呼びかけられた。

データ分析:中国からの鉄鋼輸入4月に24%減

ミャンマー不動産・建設モニターによって分析された中国の公式税関データによると、ミャンマーの中国からの鉄鋼輸入額のは4月に24%減少し、3月の1億4300万ドルから1億860万ドルとなった。今年最初の4ヶ月間で輸入額は5億5960万ドル、昨年の同時期の4億4400万ドルから26%増。この数字の内訳は鉄鋼の2億8850万ドル及び鉄鋼製品の2億7100万ドルからなり、2021年の最初の4ヶ月と比較して、それぞれ5%、59%増。

MAPCOがインドのパートナーとヤンゴンに包装工場建設

Myanmar Agribusiness Public Company (MAPCO)の2021/22年度の年次報告書によると、MAPCOはインドのビジネスパートナーと合弁会社を立ち上げ、米と農産物の包装製造工場の建設と運営を計画。工場はヤンゴン地域Twante郡区にある同社所有地に建設される予定。