12月9日、電力会社が攻撃を受ける

先週、国内の少なくとも1か所の電力会社が爆撃され、他の1か所はソーシャルメディアで脅迫された。

人民防衛軍(PDF)や他のゲリラグループは、主に電気料金の収集と検針作業を妨害する目的で、ここ数か月間、電力会社への爆撃を実行している。 電力料金は、軍の重要な収入源である。
状況が悪化するにつれ、ゲリラグループは変電所などの戦略的な電力やエネルギーインフラもターゲットにしている。
2月1日以降、軍に任命された管理者や役人、およびその他の政府機関も攻撃の標的になっている。