電力エネルギー省が発電量の減少による負荷削減プランを発表

1月5日、電力エネルギー省(MoEE)は、さまざまな発電所からの電力供給の中断により、全国の運転容量が平均4,200MWから約1,470MW減少したと発表した。

これが要因となって、MoEEは、ピーク時の午前7時から11時と午後5時から7時の間に負荷削減プログラムを実行するとも発表した。