民間航空局は国際線の禁止を12月31日まで延長

民間航空局(DCA)は、ミャンマーへの国際商用便の着陸の停止を12月31日まで延長した。

ただし、これらの発表は、11月26日に世界保健機関(WHO)が変異株B.1.1.529をオミクロンという名前の懸念すべき変異株として指定する前に行われた。
国家統治評議会(SAC)は、新しい亜種の伝染性に対する懸念が、国を商業旅行に再開する計画にどのように影響するかについては、現状ではまだ取り組んでいない。