日本がSAC外交官5名を承認

共同通信によると、11月12日SACが任命した5名の外交官を日本が承認した。

外務省筋によると、ミャンマーに拠点を置く日本人保護の観点から、日本政府は今回の任命を拒否することが困難であった。
政府はまたSACとの実務上の関係が必要と主張。共同通信は以前、表に出てこないNUGと2名が協力していると報告したが、どのような立場であるかは明らかにしていない。