投資対外経済関係大臣が日本からの投資の再開を求める

投資対外経済関係大臣U Aung Naing Ooは日本政府にODAによる新たなプロジェクトの停止を止めるよう要請したと12月7日の日系メディアでのオンラインインタービューにて述べた。

大臣はミャンマーの状況は数ヶ月の政治的混乱の後正常化し、日本の経済界に再開し、可能であればミャンマーでのビジネス拡大を訴えたと述べ、「これまで以上によりよいビジネス環境を作る」と付け加えた。
「百聞は一見に如かず。おそらく数ヶ月後にはミャンマーの状況は現在よりもはるかに安定するだろう。特に日本からのビジネスの再開を歓迎できることを願っている」と述べた。