国軍が肥料工場のスタッフを追放

民主ビルマの声(DVB)によると、市民不服従運動(CDM)に参加している第3Kyaw Swar肥料工場の従業員は、強制的にスタッフ住居から退去させられた。

立ち退きは12月3日に始まった。
CDMスタッフの1人は、軍隊の到着前に知らされていたので、逮捕を回避することができたと報道機関に話した。
しかし、彼は軍隊が職員の所持品の一部を奪ったと付け加えた。
別の職員は、軍事政権がKyaw Swar施設の運営を再開しようとしており、新しい職員を任命しようとしているとDVBに語った。