国家統治評議会がオートバイの後部座席に乗客を乗せることを禁止

国家統治評議会(SAC)は、ヤンゴン、タニンダリ、サガイン、カヤー、マンダレーの町で、乗客がバイクに乗ることを禁止した。

新しい規則では、男性の同じバイクへの2人乗り、女性が運転するバイクの後部座席に男性に乗ること、が禁止されている。
これらの新規制に違反した人は射殺される危険がある。
規制が施行される地域は900万人を超えるため、機動性に大きな影響を及ぼす。