中央銀行は輸出収益の取り締まりを継続

12月20日の発表によると、ミャンマー中央銀行は、2019暦年に307の企業が輸出収益を提出したと報告した。

最新の発表は、当局が国内の外貨に対する管理を拡大しようとして、報告されていない輸出収益を取り締まり続けているため。
先月、中央銀行は、企業が2019年から合計576ドルの輸出収益を差し控えていることを発表している。中央銀行は、問題を解決し、当局に収益を提出するために、これらの企業に30日間の猶予を与えている。
最初のリストは663の企業で構成され、Ayeyar Hinthar Trading、Ever Flow River Trading、British American Tobacco Myanmarなどの有名企業も含まれている。