中央銀行が食用油セクターを支援

ミャンマー食用油ディーラー協会(MEODA)によると、ミャンマー中央銀行は、食用油の価格を低く抑え、事業を支援するために、6つの異なる機会に外国為替オークションから合計3,000万ドルを売却した。

ミャンマーは毎年平均170万トンの食用油を消費しており、国内生産が不十分なためにそのほとんどを輸入している。ミャンマー中央銀行がオークションで購入した米ドルで、MEODAはヤンゴンに18万トンの食用油を輸入し、16の州と地域に4,300トンを配布した。