中国企業はブラックリストに対し動揺がないように見える

環球時報によると、太陽光発電プロジェクトの実施に失敗したとして軍によってブラックリストに載せられた一部の企業は、その経験がミャンマーへの投資を思いとどまらせていないと主張している。

環球時報は、中国共産党の人民日報の下で運営されているナショナリストのタブロイド紙。 GCLシステム統合テクノロジー社のマネージャーは、ミャンマーの「政治情勢」のために、ミャンマーでの同社のプロジェクトが遅れていたという。
GCL社は、Shwe Taung Development社とのコンソーシアムで2020年のソーラー入札で2つのプロジェクトを応札している。