ヤンゴン-モーラミャインのバス・サービス数が減少

ヤンゴン-モーラミャインルートを運行する客車サービスの数は大幅に減少した、とバスの運転手がDVBに語った。

燃料価格の上昇が下落の背後にあり、同様のサービスの収益性に大きな打撃を与えた。
また、ルート上のセキュリティチェックが増加し、乗客になる可能性のある人々が旅行を思いとどまらせたことも要因である。