ヤンゴン管区輸送局(YRTA)は202台のバスの輸入に対し、輸入伝票を発行

1999年から2003年に製造されたヤンゴンバスサービス(YBS)のバスの交換用に、202台のバス輸入伝票がヤンゴン管区運輸局(YRTA)によって発行された。

YRTAの共同事務局長Hla Aung氏によると、この動きは、20年以上経過したバスの撤去を促進するというYRTAの動きの一貫である。

ヤンゴンでは、1999年から2003年製のバスが約700台、現在もYBSにより運行されている。

車両のアップグレードを希望し、余裕のあるバス路線運営会社が申請する。