ヤンゴンの900世帯で電力供給停止

現地メディアの報告によると、今週、電気代支払い拒否のため、電力がヤンゴンの900世帯で供給停止した。

インセインの住民は民主ビルマの声に対して電力オフィス職員、民間人を装う軍職員を含めた約50人のグループが11月11日に近所を訪れ、400世帯以上の電気を停止。
2月1日のクーデター以来、消費者は発電コストが蓄積する一方で、基本的に電気料金の支払いをやめている。