ミャンマー中央銀行局長が紙幣用紙の輸入を否定

ビルマ版のVoice of America(VoA)によると、ミャンマー中央銀行(CBM)の通貨管理局長であるU Win Myintは、12月7日にウズベキスタン航空の飛行機に紙幣の紙が輸入されたという報告は誤りであると述べた。

彼は12月10日にVoAと話し、CBMが新しい紙幣を印刷するかどうかを人々に通知すると述べた。同紙が発行した文書によると、貨物は35トン92箱の紙で構成されていた。